リルコノ
2016/06/09 07:06

運動やスポーツは体によくない!?

runner-888016_1280 「やせるためにスポーツをはじめよう!」
「冷え性や不眠症の原因は運動不足!」

ヘルスケア雑誌やテレビの美容特集では、体を動かすことこそが美と健康の秘訣だとでも言うように、メリットばかりをあげています。
本当に楽しくて気分転換になるのであればよいのですが、実際はしんどいけれど、太りたくないから毎晩、体操をしている方が少なくありません。
ところが最近の研究では、あまり運動をしない人の方がが若々しく見えて長生きをするというデータが出ているようです。
いったい、どうしてでしょうか?
Sponsored Link

心拍数が高くなるのは良くない?

急激に脈拍が上がると心臓に負担をかけてしまいます。
また、普段はデスクワーク中心の生活なのに、いきなり激しい運動をすると、体が反動に耐えられません。
たとえ心肺が丈夫であっても、大人になれば息がきれない程度の動きが理想的なのです。

運動直後は食欲過多

運動をした後に飲む、冷えたビールはたまりません。
それに食欲が増し、何を食べてもおいしいので、ついついカロリーオーバーになりかねません。
少々体を酷使しても、消費するエネルギーは微々たるものです。
にもかかわらず、揚げ物やスイーツに手を出していると、むしろ体重は増えてしまいますから。

疲労物質が増えて老化の原因に

血液中の乳酸や活性酸素が増えて、逆にビタミンやミネラル、酵素が消耗されるので、老化を促進させます。
以前に、実業団の寮ごはんを集めたレシピ本を読んだことがあります。
そこに並ぶ料理は、運動によって消費された栄養素を補うように考えられたものでした。
素人の場合でも激しく体力を使うときには、栄養学の面からフォローが必要なのは間違いないでしょう。


もちろん、子供の頃から続けている競技があったり、趣味はスポーツだと言うほど好きであれば、辞める必要はありません。
しかし、痩せるために、コレステロール値を下げる目的で嫌々、ジョギングをしたり、ジムに通うのは逆効果になりかねないので、注意が必要です。

この記事を書いた人

有朋さやか
有朋さやか
82年岡山県玉野市生まれ。同市在住。歌誌「短歌人」に出詠中。
新聞・雑誌の読者投稿を経て、2014年から、ライターとして活動開始。 
短歌実作の話をすると、某読者様に「与謝野晶子みたい」と言われました。しかし、作品ではなく、外見のことだ判明して撃沈。以来、自称ニューハーフ顔だと信じこみ、たくましい髪質と骨格を、カバーしながらも、生かす美容と、ファンションを研究中です。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link