リルコノ
2015/12/29 07:12

年明けに実践しよう!正月太りに効くおかゆダイエットとは

年末から年明けは、クリスマス、大晦日、お正月と、食べることが必然的に増える期間ですよね。
みなさんも、この時期に体重が増えた、太ったなどの経験をした方は多いと思います。
でも、せっかくのイベント。食べないで過ごすのはちょっともったいない。できれば、食べながら、痩せたい……。これが誰もが抱える本心だと思います。
そこで今回、ご紹介するのは、この時期だからこそ美味しく頂ける「おかゆ」ダイエットについてです。


おかゆダイエットとは

image

おかゆダイエットとは、3食のうち1食をおかゆにするだけの簡単ダイエットです。
満腹効果を得ることができるダイエット方法なので、空腹を感じることなく、ダイエットすることができます。
おかゆダイエットで効果を出すためには、続けることが1番です。長い目で行うことが成功のポイントです。
Sponsored Link

おかゆダイエットは2種類ある

おかゆダイエットは2種類あります。1つはおかゆだけを1食置き換えるやり方と、2つめは、おかゆをご飯と置き換え、おかずも一緒に摂る方法です。
即効性を出したい方は、おかゆだけを頂き、食事を楽しみたいという方にはおかずと一緒に頂くという形です。


おかゆダイエットの効果とは

おかゆダイエットの効果は分かりやすいです。なぜかというと、おかゆに合うおかずが、低カロリーなものが多いからです。
ご飯だと、基本的にどのおかずでも美味しく頂くことができますが、おかゆだと、梅干や漬物などのシンプルなものが1番おかずとして合いますよね。
これによって、結果、低カロリーな食事メニューで済み、しかもお腹も膨れるため、ダイエットに繋がるというわけです。
また、おかゆは、水分を多く含むため、少ないお米の量で満腹感を得ることができます。そのため、太る元である、炭水化物を減らすことができるのです。


食べるタイミングは夕食がオススメ

ダイエットで1番理想的なのは、長期間にわたって、ゆっくり痩せていくことです。
それをするためには、夕食をおかゆダイエットにすることがオススメです。

ダイエットの基本とも言えることですが、朝を多く食べ、昼から夜へと食べる量を減らすのは常識ですよね。
もちろん、食べるタイミングは個人の自由ですが、特に夕食をおかゆにすることが痩せやすくなります。


いかがでしたか?
この時期、温かい食べ物を食べたくなりますよね。この時期だからこそ、おかゆダイエットをオススメします。ご飯を1食だけ、おかゆに置き換えることで、カロリーを抑えられ、無理なくダイエットすることができる、おかゆダイエット、ぜひ、お試しください。

この記事を書いた人

中島理江
中島理江
和洋女子大学卒。2011年「神様からの贈り物」電子出版。2014年、同作映画化。趣味は旅行と映画鑑賞。お笑いとアイドル、特にハロプロが好き。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link