リルコノ
2017/10/05 07:10

ハロウィンのコスプレパーティー!着替えはどうする?楽しむポイント


こんにちは!Lilconoライターのエトウです。
秋になると、町は早々にハロウィン仕様に早変わりしましたよね。
ハロウィンと言えば、やはり仮装パーティ!
街で開催されるハロウィンのコスプレパーティは、着替える場所がなかったり、荷物が多かったりして参加しにくいと感じている人が多いのではないでしょうか?
今回は、元コスプレイヤーのエトウが、ハロウィンのコスプレパーティーを楽しむポイントをご紹介いたします!
Sponsored Link

自宅でメイクしてサングラスで隠す

ハロウィンのコスプレで何が大変って、その荷物の多さです。
自宅から仮装して公共交通機関を利用するわけにはいかないので、大荷物を持って移動しなければいけません。
また、ハロウィンでコスプレを楽しむにしても、荷物が多ければ気になって楽しめませんよね。

そこで、いつもより慣れないメイクであるコスプレメイクは、時間をかけて自宅でしっかりとメイクしていきます。
自宅でメイクすることで、騒がしい屋外より落ち着いて化粧ができますし、化粧道具も持ち歩く必要がありません。
仕上げにベビーパウダーなどで押さえておくと、化粧持ちが良くなるので化粧直しは不要です。
サングラスをかけてメイクを隠せば、ジロジロみられることもありませんよ!


荷物はロッカーに預ける

財布や携帯などの貴重品だけ持つようにし、着替えなどの大きな荷物はコインロッカーに預けるようにします。
しかし、イベント開催時間近くには最寄りのコインロッカーが埋まってしまうので、時間に余裕をもって預けるようにしましょう。

スムーズに着替えられるように工夫する

イベント会場によっては着替えられる場所が用意されている場合もありますが、着替えを自力で済ます必要ある場合は工夫しなければいけません。
まず、自宅から直接下着が見えないようなインナーを着ていくことをおすすめします。
インナーを着ていることで、露出度の高い服装でも下着の盗撮などを防止することもできます。

着替える場所は、カラオケボックスかネットカフェなど個室になっている店舗がおすすめです。
時間制での利用なので、遊ぶついでに着替えるようにしましょう。

まとめ

着替える場所や荷物を預けられる場所があらかじめ用意されていないイベントは、参加しにくいですよね。
しかし、自宅でメイクを済ませて移動し、カラオケボックスなどで着替えを済ませ、コインロッカーに荷物を預けることで、身軽にハロウィンのコスプレを楽しむことができます。
私も屋外での撮影の際は、色々工夫してコスプレしていました。

本当に着替える場所がないのか、荷物は預けられないのかは、イベント主催者に事前に確認しておくと良いですね。
ハードルが高いと感じがちなハロウィンのコスプレイベントも、工夫すれば楽しむことができます。
今年はご紹介したポイントを参考に、ハロウィンイベントを楽しんでくださいね!

この記事を書いた人

エトウ
エトウ
大阪府出身。自分らしく仕事が出来るようにフリーランスライターになる。
得意ではないが、裁縫やDIYなど物作りが好き。
どこかに女性らしさを置いてきてしまった残念な人なので、リルコノで記事を書きつつ、女子力を身につけていきたいです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link