リルコノ
2016/07/18 07:07

男性が女性に求める「男を立てる女性」とは?

こんにちは、a_hikaruです。

よく男性が理想の女性像として「男を立てることができる女性」をあげるのを耳にします。

男女平等と言えど、まだまだ男性は自分を立ててくれる女性を理想としています。

では、「男を立てる女性」とはどのような女性なのでしょうか?

Fotolia_75067859_Subscription_Monthly_M-599x418

Sponsored Link

 

簡単に言えば「気遣いのできる女性」

男性が女性に求める「男を立てる女性」とは、簡単に言えば「気遣いのできる女性」のことです。

些細な気づかいから、長い期間一緒に居るからこそできる気遣いまで、その範囲は広いですよね。

人によって「こういう気遣いをしてほしい!」というツボは違います。

そのツボを一つ一つ女性が埋めることができれば、男性は「この人が居ないとダメだ!」となるようです。

「男を立てる女性」と聞くと、男のために女性が常に気を張っているイメージをしてしまいがちですが、捉え方を変えると、女性が男性を掌で転がすことができる究極の方法です。

 

「気遣いのできる女性」の行動例

♥男性との会話で聞き手に徹することができる

誰かに話を聞いてもらいたい時はひたすら聞いていてほしい。適度に相槌などのリアクションが欲しい。など思ったことがある女性も多いのではないでしょうか。

それは男性も同じです。

特に男性は、自分が知っている知識や経験してきたこと(武勇伝)を話すのが大好きです。

「長くなりそうだな・・・」と思っても、途中で口を挟まず、会話の主導権を完全に男性にあげてしまいましょう。

たとえあなたが知っている話だったとしても、黙って聞いてあげるのも大切なこと。

逆に知らない話だった場合は、素直に教えてもらうようにしましょう。

適度に相槌をうち、驚いたり、笑ったりなどのリアクションを交えて話を聞いてあげると、男性はある種の支配欲を満足させることができます。

 

♥ある程度必要だと予想できるものを持ち歩くことができる

例えばデードで遊園地や動物園など屋外で1日の大半を過ごす場合。

手を洗っても手を乾かす機械がない場合や、鼻をかみたくなった場合、手を拭きたくなった場合などある程度「こうなるかもしれない」と予想して、カバンにテッシュやハンカチ・ウェットティッシュなどを持ち歩いていると「気が利く女性だな」という印象を男性に持ってもらうことができます。

その日の天気予報をしっかり確認しておいて、雨の可能性があるなら、折り畳み傘を1本カバンに入れておき、いざ雨がふったら男性と相合傘ができれば印象アップ間違い無し。

ある程度起こりうる状況を予測し、アイテムを男性に差し出せるということは、聡明で知的・気配りのできる女性と思って貰えます。

 

♥お礼を言うことができる

これは男性以外でも最低限必要なことですが以外とできないもの・・・。

男性に食事をごちそうになった場合は「ごちそうさまでした!すっごくおいしかった!」と感謝と私はとても満足しましたという意思を伝えられること。

重い荷物を持ってもらったり、家まで送ってもらったり等、女性だからこそしてもらえることを男性にしてもらった場合は「ありがとう」と言えること。

前述したように、彼の話から知らない知識を得た場合は、冗談交じりにさりげなく「一つ賢くなれた!ありがとう!」と言えること。

何をしてもらうにしろ、その一つ一つは全て“特別なこと”なので、したもらったことに感謝をし、それを伝えられる女性は、素直で可愛らしい女性と男性は思うでしょう。

 

彼がどういうタイプかを見極めるのも大切

私の主人は、海外出張をしていた期間が長かったため、男は女性に尽くしてナンボという考えをするタイプです。

例をあげると、お店に入る時は扉を開けて女性から入店させ、タクシーに乗る時は女性から乗せて、その際自分は女性が頭をぶつけないように手でドアの上らへんを押さえてくれます。

このように、全ての男性が女性に対して「男を立てる女性」を求めている訳ではありませんので、女性は男性がどういうタイプなのか見極めなければなりません。

そして男性が何を女性に求めるのかを、お付き合いをしていくなかで手探りで探していくと良いでしょう。

あくまでも自然に、「やってやってるんだ!」っという雰囲気を一切出さないようにできれば100点です。

パートナーが居るから、これから見つける方も、今回ご紹介した「男を立てる女性」を参考にしてみてください。

この記事を書いた人

a_hikaru
a_hikaru
大阪府出身。自分らしく仕事が出来るようにフリーランスライターになる。
得意ではないが、裁縫やDIYなど物作りが好き。
どこかに女性らしさを置いてきてしまった残念な人なので、リルコノで記事を書きつつ、女子力を身につけていきたいです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link