リルコノ
2014/07/19 18:07

魔女の宅急便の舞台の島 ゴットランド島で癒しの旅

 ゴットランド

こんにちは。Lilcono(リルコノ)ライターのsaoriです。
ジブリアニメ<魔女の宅急便>をご存知でしょうか?魔女のキキが修行のために親元を離れ黒猫のジジと一緒にとある町に住み様々な人々と出会い成長していく物語です。

実はこのキキが修行先に選んだ町の舞台こそ私が今住むスウェーデンのストックホルムと今回の話題となるゴットランド島が舞台になっています。
私が幼い頃1番好きだったジブリ作品がこの魔女の宅急便でした。そして、更に偶然なことに私のサンボの彼はゴットランド島出身です。そんな最高のガイドから入手したゴットランドの魅力をご紹介します。

 

ゴットランド島って?

バルト海に浮かぶゴットランド島はスウェーデン人の人々も夏のバケーションで訪れるほど人気があります。首都ストックホルムから専用の船で約3時間、飛
行機で1時間以内で訪れることができるのでストックホルムから弾丸日帰り観光も可能です。
首都のVisby(ビスビュー)は、ハンザ同盟都市としてユネスコの世界遺産に登録されました。Visbyの町を取り囲む城壁がこの町のシンボルとも言われており、
「最も美しい廃墟」とも呼ばれています。

ゴットランド

この城壁の中にホテルやレストラン、カフェ、ショッピングスポットが多くあるため観光シーズンは観光客や地元の人々で賑わいます。
可愛らしい街並みや家が多く、歩いているだけで楽しくなってしまいます。オレンジ色の三角屋根がこれぞThe魔女の宅急便の世界と言える風景です。

ゴットランド
観光シーズンは夏です。
冬は寒さや暗さのせいか人が激減し、レストランやホテルなど閉めてしまう所もあります。私も夏と冬に1度ずつ訪れましたが、景色が全く違って見えるほどです。

 

ゴットランドを楽しむ~町歩き~

Visbyの城壁だけではなく城壁内にも美しい廃墟が残されています。
サンタ カタリーナ協会

1 3

天井が吹き抜け状態で、見るからに古そうな教会の廃墟です。実際にここで結婚式もできるようです。廃墟と聞くと何だか薄気味悪いイメージですが、青空の下実際目にして見るとそのイメージは吹き飛びます。

住宅エリアこそ絵本の世界

2

Visby城壁内にある家々は本当に可愛らしい建物ばかり。夏になると色鮮やかな花が更に町を明るくします。薔薇の都とも呼ばれるほど美しい薔薇があちこちのお宅で見れますよ。こんな家に住みたいなー♪

 

ゴットランドを楽しむ~美味しいあれこれ~

ゴットランド産地ビールを味わう

1

ゴットランドではオリジナルの地ビールを生産し販売しています。定番のWisbyシリーズやBulldogシリーズがレストランやbarによく並びます。先ほどご紹介したサンタカタリーナ協会の前の広場周辺には多くのレストランやbarが軒を連ねます。その中でもblogetさんがオススメ。地元のイケメン・美人の定員さんがビアサーバーからビールを注いでくれますよ♡
天気の良い日は現地の人に混ざってぜひテラスへ!

 

180種類のアイスクリームが揃う店

06-25@13-45-16-418

こんなアイスケースが横にまだまだ続いています!
ゴットランドでアイスクリームを食べるならGlass magasinetがオススメ!なんとこのお店ヨーロッパ内で最もアイスの種類があるお店なんだそうです。定番フレーバーから名前だけでは味の想像ができないものまで(私はポケモンと言うフレーバーを試しました。)180種類もあっては選ぶのが大変です。
旅客船が泊まる港の近くに位置しているので、地元の人や観光客で大人気です。

スウェーデン旅行ならカフェは外せない!
スウェーデン人の人々はコーヒーが大好き。FIKAと言うコーヒーを飲みながら甘いパンやお菓子を食べてお喋りしたり、自分の自由な時間を過ごすと言うのが重要なライフスタイルの一部になっています。なのでスウェーデンにはカフェがたくさん。ここゴットランドにも可愛らしい町並みにピッタリなカフェがたくさんあります。カフェ巡り好きにはたまりません。きっとお気に入りのカフェが見つかりますよ。
私がオススメするコーヒーのお供はsaffranspannkakaと言うサフロンのケーキです。ゴットランドのご当地グルメで、意外と置いているお店は少ないようです。中に少しお米が入っていて、生クリームとブルーベリーなどのジャムを添えて食べます。
もし見つけた際にはぜひ1度お試し下さい。

Saffranspannkaka-1

今までの旅とは一味違い、ゆったりとした時間を過ごすことのできるゴットランドの旅。青空の下、美しい町並みと海に囲まれた自然の中で癒されること間違いなしですよ。

この記事を書いた人

saori
saori
スウェーデン在住。
海外に住むなど全く予想していなかった20代前半は
都内で普通のOL暮らし。

ある時日本で突然知り合ったスウェーデン人の彼の影響で
言葉も話せないのに(英語も×、、、。)移住を決意。
現在スウェーデン語を勉強中。
2年の同棲生活を経て国際結婚となるが大変なことも多い。


新しく出会う人々は個性的な人ばかり!!
刺激的でワクワクすること、人と交流することが大好きな
私にはピッタリの人生です。

多国籍の友人ができたことから、
世界の色々な面白い話題も発信できたらと思います。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link