リルコノ
2014/06/25 18:06

必見!!ヨーロッパ旅行をするなら靴選びにご注意

靴2

こんにちは。Lilcono(リルコノ)ライターのshihoです。
夏休みも近づき、今年の夏は贅沢をして海外旅行に行こうと計画中の方もいらっしゃるかと思います。
旅行は準備の段階からとてもワクワクしますよね。

観光したい場所を調べ、持ち物を揃え、現地語や英語をちょこっと勉強してみる。

大体の人はこのステップぐらいまでは順調にいくのですが、最後に(下手をすると出発前日に)最大の壁にぶつかります。
それが服装です!気温の関係、オシャレ、動きやすさなど様々な条件をクリアした物を選抜して旅のお供として持っていかなくてはなりません。

夏の旅でしたら、冬に比べて洋服を選ぶのは簡単です。ヨーロッパなど日本より涼しい国に行く場合は少し厚手の羽織れる物をプラスすれば問題ありません。
しかし、意外と困ってしまうのが靴。快適な旅のためには正しい靴選びはとても重要です。

Sponsored Link

 

街並みの特徴に合わせた靴選びを

ヨーロッパと言えば素敵な街並みと建造物。フッと足元を見てみると、石畳の道がより素敵な雰囲気をつくり出しています。しかし、この石畳の道こそ歩き慣れていない人には意外と厄介になります。

間違っても新品ピンヒールの靴では歩かない方が良いでしょう。歩く度に溝にヒールがはまってとても厄介です。

私の住むスウェーデンには緩い坂道が長く続く道や、古い街並みを残すためにあえてエレベーターを設置しない建造物も多くあります。人々は自然と階段を多く使ったり坂道を歩いたりと体力をかなり消耗します。

せっかくのヨーロッパ旅行。思いっきり足元までお洒落をして街を歩きたい気持ちもありますが、歩くことが多くなる旅行先では快適さを優先した方が絶対に良いでしょう。

 

ヨーロッパ旅行にオススメな靴はこれ!

スニーカー
歩きやすさ抜群で行動しやすい反面、ファッションによって相性の良し悪しがあるのが唯一の欠点。
エレガントな服装が好きな方などスニーカーを1足も持っていないなんて方も多いのではないでしょうか?
私の住むスウェーデンではむしろエレガントよりクールカジュアルな服装が好まれており、ジーンズなどのパンツスタイルにスニーカーを組み合わせる女性が非常に多いです。よほどエレガントな場所に行く場合を除けば、スニーカースタイルに迷う必要はありません。これをきっかけにスニーカーデビューをしてみてはいかがでしょう?

靴1

 

フラットタイプのバレエシューズ
スニーカーの問題もこれなら解消。パンツにもスカートにも自然に馴染むのが嬉しいですね。クッションが入っていれば足への負担が更に軽減されて良いでしょう。底が固いタイプは長く歩くと結構辛くなります。。
スウェーデンの街で女性達の足元を観察してみると、このバレエシューズを履いている人をたくさん見かけます。スウェーデン発のファッションブランドH&Mの靴売り場にはたくさんのバレエシューズタイプの靴が売られています。これも石畳の道が多いヨーロッパならではのニーズから生まれている特徴でしょう。

靴2

 

 

ウェッジソール
夏ならやっぱりサンダルが定番!前にもお話した通りピンヒールはたくさん歩くヨーロッパ観光にはちょっと不向きです。しかし、中にはぺたんこの靴は逆に疲れるなんて方も多いですよね。そんな方はウェッジソールがお勧めです。
母国ではヒールを履きまくっていたと言っている私の友人も今はこのウェッジソールタイプのサンダルや靴を履いています。

靴3

 

 

貴重な長期休暇を取っての憧れのヨーロッパ旅行。観光中に足が痛くなってストレスになってしまってはいけません。出来ることなら新品ではなくある程度履いて足に慣らしておく方が良いでしょう。
自分の足に合った靴を履いて素敵なヨーロッパ旅行をお楽しみください。

この記事を書いた人

shiho nijima
shiho nijima
スウェーデン在住。
海外に住むなど全く予想していなかった20代前半は埼玉で普通のOL暮らし。

ある時日本で突然知り合ったスウェーデン人の彼の影響で言葉も話せないのに(英語も×、、、。)移住を決意。
現在スウェーデン語を勉強中。
3年の同棲生活を経て国際結婚となるが大変なことも多い。

新しく出会う人々は個性的な人ばかり!!
刺激的でワクワクすること、人と交流することが大好きな私にはピッタリの人生です。

多国籍の友人ができたことから、世界の色々な面白い話題も発信できたらと思います。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link