リルコノ
2016/09/24 07:09

冷蔵庫と洗濯機の光熱費を節約するテクニック

gahag-0010920850-1

生活上で光熱費をこまめに節約をするためのテクニックを紹介

ご家庭で使用している電気製品はスイッチを落としたり切り替えをはっきりすることで節電を行うことが出来るようになります。また最近は電気自由化で電気会社を自由に選択可能することが出来て電気代金を節約する事も可能です。ではこまめに節約をするためのテクニックを紹介していきます。
Sponsored Link

1.冷蔵庫の電気代を節約するためには

1-1.冷蔵庫も電気代がかかりがちです。電気を入れっぱなしの冷蔵庫はどのくらい電気代がかかるのでしょうか?電気代を節約するにはまず、冷蔵庫のレベル調整を必ず行っておく、レベルが1-10の設定が可能ならば5以下二しておくと消費電気量を抑えることが出来、節約につながります。冷蔵庫の節約をすることで電気代を十分に節約できるようになります。

1-2.小さい冷蔵庫のほうが大きい冷蔵庫よりも電気代が安い
小さい冷蔵庫のほうが大きい冷蔵庫よりも電気代が多くかかってしまうので、もし中に入っていない時には遠慮なく電源を落としておきましょう。買い物しないで物が中に入ってない時は無くなってきたら冷蔵庫を切ることで、なんと信じがたいことに冷蔵庫の電気代金を30%以上節約する事が可能になるのです。

1-3.食品がある時、ない時に分ける
注意したいのが冷凍食品が入っている時に電源を落とさずに、あくまでも冷蔵庫の中の量が少ない時に実践できるテクニックです。

1-4.冷蔵庫を1日35回以下で開け閉めを
節約の為に冷蔵庫を1日35回以下で開け閉めを行いましょう。冷蔵庫の買い替えで電気代が節約することも出来ます。最新の冷蔵庫は消費電力を抑えて利用していくことが可能です。

2.洗濯機の電気代を節約するためには

2-1.必要ならば二度に分けて洗濯
洗濯機は総重量の60%くらいの服の量にして必要ならば二度に分けて利用する事でエコに利用することができます。

2-2.量をしっかり調節
洗濯機に入れる量をしっかり調節しましょう。電気製品はスイッチを落としたり切り替えが重要です。節電と節約を同時に行っていきましょう。洗濯ものを入れすぎると負荷がかかり洗濯機が重くなりその分の電気量を使用してしまう事になります。その為しっかりと量を調整しましょう。

2-3.洗濯機を使う回数を減らす
手で洗うことが出来る洗濯物と分けておくことも節電に繋がります。密閉できる洗濯カゴに入れてコンパクトに纏めることが出来る洗濯物も分けておきましょう。節水としてお風呂の残り湯を使用して節約術を実践していきましょう。

Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link