リルコノ
2016/02/15 07:02

不眠の原因になる肩こりを解消する磁気グッズのすすめ

――寝つきが悪い。
――眠りが浅い。
そんな悩みを打ち明けると、「何か悩みがあるの?遠慮なく話してね」と言われたり、「現代は、精神科に通うのは恥ずかしいことじゃないから」と、諭されたり、大げさに受け取られがちです。
けれども実際は、神経が高ぶっていたり「肩こりが激しい」など、体の一部分だけが過剰に疲れていることが原因になっている場合も多いのですが・・・。

gahag-0043175968-1 (1)

肩こりが不眠をひきおこす?

肩こりだけでなく、首や肩甲骨、背中がこると、自律神経がうまく調節できず、眠りの質が低下するものです。
自覚症状がない時もありますが、肩甲骨周辺の筋肉が疲労を感じると、興奮したり逆に無気力になったり、メンタル面にも影響をおよぼすことがわかってきました。
Sponsored Link

マッサージが面倒ならば磁気グッズ

慢性的に「こり」があると、体調が良いはずがないですよね。しかし、お金と、時間をかけて、定期的にサロンに通うほどではない。
また、自分でマッサージをするのは面倒。
そんな方は「磁気ネックレス」や「磁気ブレスレット」「磁気シール」を、利用してみてはいかがでしょうか? 

これらは、身につけたり素肌に直接はりつけるだけで、その周辺の皮膚や筋肉の血行を促進する作用があります。
だから、ただ装着するだけで、あとは何もしなくても、こりがほぐれる優れもの。
そういえば、あるスポーツ選手が磁気グッズを愛用するようになり、眠りが深くなったと話しているのをきいたことがあります。
体を酷使する彼らにとって、つけるだけでOKだという手軽な健康グッズは、魅力的なのでしょうね。

それも一日中、肌身離さず装着しなければならないのではなく、就寝中だけでも効果は充分実感できます。
起床後ははずして、お好きなアクセサリーをつけられるので、心理的に負担はかかりません。

この記事を書いた人

有朋さやか
有朋さやか
82年岡山県玉野市生まれ。同市在住。歌誌「短歌人」に出詠中。
新聞・雑誌の読者投稿を経て、2014年から、ライターとして活動開始。 
短歌実作の話をすると、某読者様に「与謝野晶子みたい」と言われました。しかし、作品ではなく、外見のことだ判明して撃沈。以来、自称ニューハーフ顔だと信じこみ、たくましい髪質と骨格を、カバーしながらも、生かす美容と、ファンションを研究中です。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link