リルコノ
2017/12/11 07:12

12月23日より開催「煉獄に笑う~舞台×原作~展」の情報と崎山つばさの魅力とは


池袋サンシャインシティで開催される「煉獄に笑う~舞台×原作~展」の開催が、すぐそこまで迫っています。
この「煉獄で笑う~舞台×原作~展」では、舞台「煉獄で笑う」に出演した鈴木拡樹、崎山つばさ、前島亜美の3名による音声ガイドのナビゲートを楽しむことができます。

今回は、「煉獄で笑う~舞台×原作~展」の情報と、曇双子の曇芭恋役を演じた崎山つばさの魅力をご紹介いたします。

「煉獄に笑う~舞台×原作~展」とは

舞台化もされた人気コミック「煉獄に笑う」の展示会では、実際に舞台で使用した衣装や小道具はもちろん、舞台や稽古場の写真やコミックスの原画が展示されています。
また、初出しスペシャルコンテンツも上映されるので、ファンは見逃せない展示会となっています。

普通に展示物を見て楽しむのも良いのですが、舞台「煉獄で笑う」に出演した3名がナビゲートする1回700円の音声ガイドを聴きながら楽しむのも良いですね!

音声ナビゲートは全部で3種類あります。
12月23日~25日は、クリスマスバージョン。
12月26日~30日は、本人として舞台や原作の感想を交えたナビゲーション。
1月3日~1月8日は、まるで物語に入ったかのようなナビゲーションになっています。
Sponsored Link

<煉獄に笑う~原作×舞台~展>
開催期間:2017年12月23日(土/祝)~2018年1月8日(月/祝)
     ※12月31日・1月1日・1月2日は休館。
会場:サンシャインシティ文化会館ビル2階 展示ホールD
公式サイト:http://www.rengoku-ten.com/


曇双子・曇芭恋役を演じた崎山つばさの魅力

曇の双子の片割れの曇芭恋を演じた崎山つばさん。
過去には、「刀剣乱舞~三百年の子守唄~」や「舞台ノラガミ」などの2.5次元作品に出演しています。

幼いころから野球やサッカーなどのスポーツを通じ、“努力することの大切さ”を学んできました。
現在の役者崎山つばさの基礎ともなったと言える姿勢は、様々な作品や舞台で役になりきるためにいかされています。

もともとはエキストラ事務所に所属し、読者モデルとしても活躍していた崎山つばさですが、事務所の先輩の舞台を観劇していくにつれ、俳優になることを決意しました。

幼いころから漫画やアニメが好きだった崎山さんは、役者になってからはジャンルにとらわれず様々なジャンルの作品に触れるようになりました。
「Dance with Devils」でウリエ役が決まった時、アニメのDVDを擦り切れるまで見て、キャラクターの立ち姿や振る舞いを学びました。

ゆくゆくは映画で活躍できる俳優になりたいと願う崎山つばさは、「30歳までは下積み」と貪欲にそしてひたむきに努力し続けることを宣言しています。
これからますます活躍の幅を広げる崎山つばさから目が離せません!

この記事を書いた人

エトウ
エトウ
大阪府出身。自分らしく仕事が出来るようにフリーランスライターになる。
得意ではないが、裁縫やDIYなど物作りが好き。
どこかに女性らしさを置いてきてしまった残念な人なので、リルコノで記事を書きつつ、女子力を身につけていきたいです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link