リルコノ
2016/02/13 07:02

2016年注目のポストロックバンド『あいくれ』インタビュー!!〈最終回〉——大人女子よ、これがロックだ。 Vol.7

otonagirl_s

いよいよ、あいくれインタビュー最終回! 最後にライブハウスに足を運ばなくなってしまった大人女子たちにメッセージを送ってくれました!
(前回の記事はこちらです「2016年注目のポストロックバンド『あいくれ』インタビュー!!〈第二部〉」)

ライブハウスから遠のいてしまったっていうのはすごく悲しい(ゆきみ)


——あいくれのライブで、楽しんでほしいポイントはありますか?

こめたに「僕たちはタテノリの激しいバンドではなく、ゆったりと聴ける楽曲がもあるので、聴きやすいかと」



——ライブハウスに足を運ばなくなってしまった大人女子もたくさんいると思います。そんな人たちに、同じ女性としてゆきみさん自身がライブに足を運んだ際の楽しみ方を教えてください。

ゆきみ「ライブハウスから遠のいてしまったっていうのはすごく悲しいですね。私も、もともとバンドがすごく好きってわけじゃなかったから、ライブハウスは、バンドを始めてから踏み入れた空間だったんです。だいたい地下で、窓もなくて、閉ざされた空間で狭くて、タバコ吸ってる人がいて……っていうのが最初は怖かったですね。遠のいてしまった人たちも、私が最初に持ったのと同じ、悪い印象があったとおもう。でも実はそうじゃないくて、素敵な音楽がある場所なんです。続けていくうちに仲間に出会えたし、出会いがったことが積み重なって、そのうち怖さはなくなっていましたね」

写真 2016-01-30 1 54 28

——最後に、今後の目標をお聞かせください!

ゆきみ「最終的に“売れる!”って目標があるバンドも多いと思いますが、私は“救われる音楽”を作りたいと思っていて。でも、人を救うにはまず、私たちの歌を聴いてもらわなきゃいけなくて。だから、売れるためというわけではなく、多くの人に届ける為に、もっと大きくなりたいです」

こめたに「バンドの良さを立川で教わって、今の僕たちがある。立川で育てられたからこそ、ココを出て行ったきりじゃなく、ちゃんと大きくなって立川に帰ってきたいって思いますね。こないだのライブでも宣言したんですが、武道館やった次の日は、絶対に立川でライブをやりたいです!」

あいくれさん、ありがとうございました!

どこか懐かしさも感じられるあいくれの音楽。ぜひ、ライブ会場であいくれ独自の世界観を体感してみては?
Sponsored Link

アポトーシスの愛し方 ジャケット

タイトル:1st E.P.「アポトーシスの愛し方」
リリース日:2016.1.15
収録曲:M1.ハロー ハロー ハロー/M2.身体を伝う/M3.ニューロンの記憶/M4朱色のソファから/M5.生命の線路/M6.今日と生活/M7.なんとなくの日常
品番:ai-0001
価格:¥1,080(tax in)


展開店舗
HMV立川 タワー 立川立飛店・新宿店・池袋店・町田店・札幌店
※HPからネット販売もしています。

ライブ情報
『アポトーシスの愛し方講座TOUR』
・2/6 大阪 心斎橋 FANJ towice
・2/11 長野 松本 ALECX
・2/12 千葉 柏616
・2/15 大阪 北堀江 club vijon
・2/16 神戸 三宮 ART HOUSE
・2/26 東京 八王子Match Vox
・3/7 東京 下北沢ERA
・3/13 東京 下北沢Beat Happening!サーキット
・3/17 神奈川 関内Bay Jungle
・3/20 新潟 CLUB RIVERST 
◇TOUR FINAL
・5/15(SUN) 新宿MARZ

あいくれオフィシャルサイト

この記事を書いた人

トキエス
トキエス
神戸出身。音楽業界で様々な業務を経て、現在デザイナー&映画ライターとして活動中。
ライブやフェス、舞台等、感動を直接肌で感じれる場所が大好物。
音楽、映画、海外のお役立ち情報を随時発信中。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link