リルコノ
2016/04/19 07:04

勘違い女にならないためには『ヤング≒アダルト』を観よう!

ayaka_banner

過去の栄光がある人は、誰しも自分が最高に輝いていた瞬間を振り返ったりすることがあると思います。
しかし、その輝かしい“過去の栄光”から脱出できずに大人になってしまった人も少なくないのではないでしょうか。
2011年のアメリカ映画『ヤング≒アダルト』は、そんな女性が「勘違い女」として描かれ、奮闘するストーリーなんです。



ちやほやされたい勘違い女?

自称作家のゴーストライター、メイビス(シャリーズ・セロン)は、ある日、高校時代の恋人であるバディ(パトリック・ウィルソン)の妻ベスから、メールで子どもが産まれた報告を受けます。
高校時代、熱く燃え上がった相手の赤ちゃん。私だったら、ぜったいに行けない……と思いますが、メイビスはなんとバディとヨリを戻し、青春時代を取り戻そうと考え、故郷に帰ります。

ちなみに彼女は37歳のバツイチで、恋人なし。しかも執筆もままならないトランス状態に陥っているところでした。全てうまくいっていないと、過去のモテた経験から「ちやほやされたい」願望が増すのでしょうか。
メイビスはバディを取り戻すため、デートに誘ったり、御宅訪問して、ベスの前で高校時代のバディとの楽しかった思い出をイヤミっぽく話します。そんなメイビスに愕然とするベス。
Sponsored Link

それもそのはず。青春時代のような男を狙うハンター姿勢でいるのはメイビスだけ。実際にバディは幸せを満喫しているパパなのに、メイビスは「子育てで大変で今の状況から逃げ出したいと思っている」と都合良く解釈。他にも思わず観ていられなくなるほどの勘違いぶりを発揮するのですが、ストーリーが進むにつれ、メイビスの心境を理解しようとしてしまいます。それくらい気の毒な「勘違い女」が絶妙に描かれているのです。
本作を観て、メイビスとの共通点をチェックしてみれば、自分の「勘違い女」度がわかるかもしれません!

 

 

この記事を書いた人

トキエス
トキエス
神戸出身。音楽業界で様々な業務を経て、現在デザイナー&映画ライターとして活動中。
ライブやフェス、舞台等、感動を直接肌で感じれる場所が大好物。
音楽、映画、海外のお役立ち情報を随時発信中。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link