リルコノ
2015/10/03 07:10

年下男子に胸キュン♡個性派メンズ演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」舞台レポ!



若手メンズばかりで2014年に結成された演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」を知っているだろうか。
全員が顔面偏差値80超え! そしてキャラクターがかぶることのない個性派ばかり。そんな彼らがお芝居を通してさらに自分自身を磨いていくという、なんとも素敵なキラキラした劇団である。
癒し効果と胸キュン効果がとんでもないと噂の「劇団番町ボーイズ☆」の舞台に潜入してきた!

9月27日(日)に千秋楽を迎えた第二回本公演「MY DOOR〜熱〜」。
人気読者モデルやsmart専属モデルとして活躍しているメンバーが在籍していることもあり、会場はオシャレな女性や、女子高生、そして地方から駆けつけたファンで埋め尽くされていた。

DPP_6_original

ステージが暗転し、主演の植野星雲役を務めた糸川耀士郎と鹿島貫太役の志村禎雄が登場。冒頭からすでにファンは熱い視線をステージに向け続けていた。
衝突しあう関係の中、ある事件をきっかけに冷戦状態になってしまった六番町高校と二番町高校の生徒が、夢をみたり、追いかけたりすることをやめてしまう。
そんな時、前向きな転校生がやってきて、忘れかけていた何かを思い出していくという青春たっぷりのストーリー。
Sponsored Link

DPP_119_original

思わず笑みがこぼれるシーン、そして感動するシーンで客席を包み込み、中には涙するファンの人も。
予想通り、胸キュン効果も癒し効果も得られた。芝居が終わり、演者が揃ってステージに立つと、観客は大歓声を送った。

DPP_285_original

終演後のグッズ販売では、黄色い声の中、志村禎雄・松本大志・二葉勇・二葉要・堂本翔平・糸川耀士郎・Rioが登場! ひとりひとりのファンと楽しく交流し、千秋楽は終了。

次回は11月に第三回本公演『HOME〜魔女とブリキの勇者たち〜』の舞台が決定している。シンガー・ソングライター 清水翔太の代表曲「HOME」からインスパイアされたストーリーで期待度も高まっているとのこと。SS席で観賞すると、メンバーとのプレ打ち上げに参加できるというなんとも嬉しい特典も。
輝かしい彼らは人気沸騰中! 間近で見られるのは今のうちだけかも!? ぜひ劇場へ足を運んで欲しい。

この記事を書いた人

トキエス
トキエス
神戸出身。音楽業界で様々な業務を経て、現在デザイナー&映画ライターとして活動中。
ライブやフェス、舞台等、感動を直接肌で感じれる場所が大好物。
音楽、映画、海外のお役立ち情報を随時発信中。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link