リルコノ
2018/06/06 07:06

通勤時の気になる汗対策!手作りミョウバン水が効果アリ!?


こんにちは!Lilconoライターのエトウです。
暑くなってくると、女性なら汗が気になって仕方がないですよね。
淡い色のシャツをきていても、汗をかけば脇や背中・首元などのポイントだけ汗ジミができてしまいます。

そこで今回は、今日から役立つ通勤時の汗対策をご紹介いたします!
Sponsored Link

汗のニオイが気になる場合

汗をかくと、独特の汗臭さを感じますよね。
この汗のニオイが気になって仕事も手に付かない人も多いのではないでしょうか。

実は、汗そのものにニオイはありません。
肌表面に常駐するニオイ菌が汗と合わさることで、独特の汗臭さを発生させます。
また、このニオイ菌は汗に含まれるタンパク質を分解するので、その際に発生する脂肪酸などが臭います。
そのため、汗対策で重要なのは、汗をかかないように防止する「制汗」と、肌表面のニオイ菌の繁殖を抑える「殺菌」、そして汗臭が発生した時の「消臭」が重要になります。

汗臭対策
通勤時は一番汗をかくタイミングです。
そのため、出勤前に制汗スプレーをするなどして、汗をかきにくいようにしておきましょう。
この時、汗をかきやすい脇や背中などのポイントを重点的に行います。

職場では、シートタイプの使い捨て汗拭きタオルなどを使って、汗をかいた部分を拭きとります。
拭き取った後は、汗臭に効く消臭スプレーをすることで、汗臭が起こりにくくなります。

小物を使って通勤時の汗対策を行う方法

暑くなってくると販売される暑さ対策の小物を使って、通勤時に汗をかかない方法もあります。
例えば、センスをバッグに常に入れておいて、暑ければ広げて使用するだけで、手軽に体温を下げることができます。
また、汗対策インナーなどを着ることで、脇や背中の汗ジミを防止し、汗をかいてもすぐインナーを乾かすことができます。

汗のニオイにはミョウバン水スプレーがおすすめ!


体質によって、ワキガではないけど汗のニオイが強い女性も居ます。
市販の消臭スプレーではあまり効果を感じられずに悩んでいませんか?
そんな女性には、手作りミョウバン水スプレーがおすすめです。

ミョウバンとは、漬物などを作る時に使うもので、主にスーパーなどで手軽に安価で購入することができます。
ミョウバンには強力な消臭効果があるため、10倍程度に薄めてスプレー容器に詰め替えて、ニオイが気になる箇所にスプレーするだけで、嫌なニオイを消臭することができます。

これは汗のニオイにもとても良く効くので、汗をかいた後に体に直接スプレーしたり、パンプスの中にスプレーしておくだけで、嫌なニオイに悩まされずに済みます。

ミョウバン水スプレーの作り方
◆ 材料 ◆
ミョウバン … 焼ミョウバン・ミョウバンどちらでもOK
水道水
100均で販売されているスプレーボトル

◆ 作り方 ◆
ミョウバンと水の比率は15(水):1(ミョウバン)がおすすめです。
スプレーボトルにミョウバンと水を入れて、フタをしてよく振るだけで完成です。
ミョウバンは水に溶けにくいので、1日そのまま放置しておきましょう。

夏の通勤時の汗は、誰しもが気になるものですよね。
市販の汗対策商品や、手作りミョウバン水を利用して、今年の夏を乗り越えてくださいね!

この記事を書いた人

エトウ
エトウ
大阪府出身。自分らしく仕事が出来るようにフリーランスライターになる。
得意ではないが、裁縫やDIYなど物作りが好き。
どこかに女性らしさを置いてきてしまった残念な人なので、リルコノで記事を書きつつ、女子力を身につけていきたいです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link