リルコノ
2014/09/10 18:09

妊活に致命的なダメージも?!性感染症を知ろう~その1 ~

下半身に違和感をもったことが無い女性はいないのではないでしょうか。生理不順、おりもの、臭い、痛み、かゆみ、等々。誰かに相談しますか?かかりつけの婦人科はありますか?放っておくと実は後々後悔することになるかも知れません。

ヘルスメンテ
Lilcono(リルコノ)ライターのるぃです。

性感染症はSTD(Sexually Transmitted Diseases)とも呼ばれますが、必ずしも自覚症状が現れるとは限りません。気付いたときにすでに誰かに伝染させてしまっているということが無いように知っておくことが大切です。
まずは主な性感染症を紹介します。知っておくべきものだけでも10ほどありますので2回に分けて学んでみましょう。

Sponsored Link

 

クラミジア

感染率が高いことで知られるクラミジアですが、放っておくと女性の場合は子宮頸管炎・子宮内膜炎・卵管炎の可能性がありさらに進行すると骨盤腹膜炎や肝周囲炎、卵巣炎を引き起こし、子宮外妊娠(卵管妊娠)や不妊の原因ともなります。クラミジアに感染していると、他の性行為感染症やHIVの感染率が飛躍的に高くなるリスクを負います。

<症状>男性は尿道がむずがゆくなったり、膿が出たり、痛みを伴うこともあるようです。女性の場合、おりものが増え腹痛を起こしやすくなることがあるもののほとんど自覚症状がないので感染に気付かず保菌している怖い病気です。

 

淋病

オーラルセックスにより感染することで知られる病気です。クラミジアと同時感染していることも多く、知らずに感染していると、出産時に母子感染を起こします。男性では淋菌性尿道炎、女性は子宮頚管炎を起こします。

<症状>男性は排尿や勃起時に激しい痛みを伴い濃い黄色の膿が出ますが、場合によって無症状に経過する場合もあるという。女性は自覚症状が少なく、あっても膀胱炎や膣炎と診断されることもあります。放置すると菌が骨盤内へ侵入し不妊症や子宮外妊娠にも発展します。新生児は出産時に母体から感染し、両目に影響することが多く失明の可能性を秘めます。

 

ヒト・パピローマ・ウイルス

女性であれば一回は感染しているだろうと言われる感染症。性交渉によって感染し、治療しないと外陰部や膣にイボができ、良性の場合「尖圭コンジローム」の原因となり、悪性の場合「子宮頸癌」の原因となります。実はウィルスの型が100種以上あるといわれており免疫が生成されないので、なんどでも繰り返し感染します。しかもやっかいなことに具体的な症状が出ないため放置されるケースが多いのです。

 

尖圭コンジローム

性器や肛門のまわりにイボができる性感染症の1つです。ヒト・パピローマ・ウイルスに感染することにより発症します。オーラルセックスにより口へ感染することもあります。

<症状>自覚症状がない場合も多いのですが、感染部位にイボが出来ます。性器と周辺、肛門、足の付け根、また口へ感染した場合には唇や口内に出来ることもあります。性器にかゆみや痛みを感じることで発見できますが、痛みを伴わない場合自然治癒することもあります。が、再発が多い病気として知られています。イボそのものの除去は、電気メスなどによる焼却やコンジローマ治療薬の塗布などによって取り除くことができます。


 

雑菌性尿道炎

上記の淋病やクラミジア以外の雑菌が原因の性感染症です。淋病やクラミジアと違い他の人から感染する以外にも自分の体の中の菌が増えて発症することもあり、また淋病やクラミジア等と混合感染することもあります。

<症状>様々な菌が原因を引き起こすため症状も様々です。主には淋病よりも軽くクラミジアのように軽い症状と言われますが、尿道からの膿、排尿時の軽度の痛み、軽いかゆみやむずむずした感じなど、多岐に渡ります。

聞いた事がある病名がほとんどだったのではないでしょうか。でも各病名の内容までは知らない方が多いかったのではないですか?まだまだ性感染症は続きます。~その2~では知っておきたい性感染症の後半をお届けします。

この記事を書いた人

るぃ・ベジェン
るぃ・ベジェン
英語科卒。百貨店と貿易物流会社を経て、カナダ・バンクーバーにてマーケティングとギャラリーマネージャーを経験。
帰国後、某大手企業にて翻訳/通訳/事務を通して日本と米国を行き来。
Foodieとしてレストランやカフェに通うと共にアラサーの体をいたわりホームクッキングにも精を出している。
安くて良いものを探す関西人魂は海外でも健在。海外から様々な切り口でライフスタイルを執筆。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link