リルコノ
2016/04/09 07:04

カップルの喧嘩の注意点。喧嘩というコミュニケーション?

a1640_000395_m
付き合った彼氏と喧嘩が耐えない・・と頭を悩ませている女性も沢山居ます。でも、「喧嘩は愛情コミュニケーション」の1つ。
上手に使えば彼氏ともっと深い関係になる事ができるようになるかもしれません。今回は、喧嘩というコミュニケーション!カップルの喧嘩の注意点についてお話を進めて行きます。


お付き合い初期段階での喧嘩で注意するべきポイント

カップルの喧嘩は主にお付き合いの初期段階で起きます。
これは、お互いの価値観が違うのが理由。今まで生まれて、育ってきた環境が違い、めぐり出合った人達も全く違います。
そのため価値観が違う事は当たり前の事・・・なのですが、人間やはり好きな人とは価値観が同じだと思い込もうとしてしまう節があり喧嘩に発展してしまうのです。

お付き合い初期の喧嘩でお互いに理解しなければいけないのは、お互いは違う人間なんだという事。
価値観は全く別な人間であり、お互いに譲り合わなければ上手く行かないと言う事を悟る事です。
どちらか一方が我慢するのもいけません。どちらも同じだけ同じように譲り合うのです。ここで譲り合いの精神が生まれないとそのカップルは長くは続きません。
Sponsored Link

お付き合いが慣れてきた頃に発生する喧嘩での注意ポイント

お付き合いがしばらく続き、やっとお互いの価値観が寄り添えたと思った頃合に、再び喧嘩が増える時期があります。それはお互いの「甘え」が原因。お互いに解ってもらって当たり前という気持ちが喧嘩を生んでしまうのです。

例えば、彼氏が「仕事で忙しいから会えない」と言った時「どうして?この前もそういって会ってくれなかったじゃない!浮気でもしてるんでしょ?」なんて始まるのがこの時期の喧嘩の特徴。
彼を信じてあげられない、自分の欲求を通したいという甘えやわがままが喧嘩の原因です。この時期に大切なのは、お互い信頼感を積み上げていく事。
相手を信じるや、相手の行動を待ってあげるのってとても辛いですが、自分の欲求だけが先走らないように感情をコントロールしていく必要があります。


素早い仲直りが愛を持続する秘訣

喧嘩は早く解決した方が傷が浅く済みます。
心理学の世界では「相互効果」といって、相手が怒っていたり嫌な態度を取ると、片方も同じような行動に出るというものがあります。
しかし、相互効果をプラスに使うと相手が優しい態度や歩み寄る態度を見せるれば、相手も同じように歩み寄る態度を取るという事になりますので、仲直りが早くなります。

○喧嘩をして2人とも無口になってしまうカップル
どちらかが気分転換をを提案「コーヒー入れるよ」「甘いものでも食べようか」などと言って見るのが効果的です。

○お互い強い言葉で罵りあってしまうカップル
これ以上感情的になっても無駄と判断したら、その場をさっさと離れるのが得策。なんとも思っていないそぶりで「やめよやめよ」と打ち切りにするのが一番!

○しばらく距離を置こうとするカップル
お詫びの品として何かプレゼントを贈るのが効果的。人間には無償で何かをしてもらうと自分も何かを返さなくてはいけないという心理が働きます。
いきなりのプレゼントに相手も最初は困惑するかもしれませんが、歩み寄るきっかけには必ずなるはず。


いかがでしたか?
喧嘩のパターンによっても誤り方は少しずつ違います。
顔を見て「ごめん」と言えない時は、とりあえずメールでゴメンを言いましょう。でもメールの場合は誤る機会を作る取っ掛かりと考え、素直になれそうになったら直接顔を見て謝罪をしましょうね!
ナゼ喧嘩してしまったかを自分なりに考え、相手にその改善策を提示するのも良い方法です。こうすることでお互いに高め合う事のできる理想のカップルになる事ができるはずですよ。

この記事を書いた人

亀パンダ
亀パンダ
人生経験豊富な恋愛ライター

元々容姿にコンプレックスがあったものの、
どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果
男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。

自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに
心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
一緒に、成長できる恋愛を目指してがんばっていきましょう!

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link