リルコノ
2016/04/10 07:04

独身でも産科、婦人科の掛かりつけ医を見つけておきたい理由

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

こんにちは、a_hikaruです。
結婚前で、子供も居ないから産科や婦人科とは無縁だと思っている女性が多いのではないでしょうか。
今回は、女性だからこそ独身、既婚問わずに、産科や婦人科の掛かりつけ医を見つけておきたい理由をご紹介いたします!

自分に合った医師を見つけることの重要性

産科や婦人科以外にも言えることなのですが、その病院や医師によって、治療の方針や薬の処方などが違います。
産科、婦人科は女性のデリケートな問題を扱うため、問診表書き方や症状の聞き方、医師や助産師・看護師の対応など、各病院や医院で様々な方法で気を使われています。
患者数が多く、診察や説明などが短く、まるで数をこなす流れ作業のような病院もあれば、患者数が多く、待ち時間が長くても、一人一人時間をかけて、丁寧な診察や説明をしてくれる病院もあります。
男性医師なのか、女性医師なのか、検査設備やNICU(新生児集中治療管理室もしくは新生児科)がある総合病院や大学付属病院なのか、個人医院なのか、産科も併設しているのかなども確認しておいた方が良いでしょう。
Sponsored Link

産婦人科を選ぶメリット

独身のうちに産科や婦人科の掛かりつけ医を見つける理由としては、女性特有の病気になった時や、なる前の健診を受けるために見つける人や、生理不順や生理前症候群の治療を既に受けているなどの理由から見つけている人が多いでしょう。

産婦人科の良い点は、妊娠前から産後のサポートまでしてくれるということ。
たとえば、妊娠前に子宮内膜症などの疾患を経験してからの妊娠だった場合。
通院していればカルテに記録が残るので、医師から妊娠期間中に注意しなければいけない点の説明や、小まめな内診やエコー検査などの処置をスムーズに計画立てて行ってくれます。
執筆者は重度の生理不順と無排卵月経で産婦人科に定期的に通院していたため、妊娠発覚時は「どのタイミングで受診すればいいの?」と悩み、掛かりつけ医院に電話で問い合わせたところ、カルテに生理不順の記録が残っていたため「生理不順だったようだし、1週間後に来てくれたら良い具合かな?」と的確な指示を受けることが出来ました。
余談ですが、その産婦人科は不妊や中絶の相談も可能で、産後の母乳外来やベビーマッサージ教室なども開催していましたので大変お世話になりました。


ほんの些細なことでも気軽に相談できる雰囲気が出来ている病院や医師を見つけることが一番良いのですが、なかなか難しいですよね。
体調が悪いときや妊娠した場合でも通えるように、比較的家から違いところで掛かりつけ医を見つけておいた方が良いでしょう。
今回は、産科、婦人科の掛かりつけ医を見つけておきたい理由についてご紹介いたしました!

この記事を書いた人

a_hikaru
a_hikaru
26歳、京都府在住。
毎日テンテコマイで、平静を装いつつも、実は内心激しくテンパっている日々・・・。
流行に疎く、女子力の女の字もない私ですので、ライフハックの記事を中心に、健康のことや、料理のことなどを記事にしていきたいと思っています。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link