リルコノ
2017/08/19 07:08

日本で公開してほしい!vol.5 『Keeping Up With the Joneses(原題)』みどころ

ayaka_banner


みなさんこんにちは。Lilcono映画ライターのトキエスです。

今回ご紹介するのは、コメディ×スパイアクション作品『Keeping Up With the Joneses(原題)』です。

本作の主役を演じるのは、ザック・ガリフィアナキス。前回ご紹介した『Masterminds(原題)』でも主演を務めた彼が、本作でも本領発揮!もうアメリカのコメディアンといえばザックと言っても過言ではないのでは。




あらすじ

 技術開発会社MBIで人事部門で働いているジェフ(ザック・ガリフィアナキス)は、インテリアコーディネーターとして働く妻のカレンとラブラブな生活を送っていました。

二人の子供にも恵まれて、絵に描いたような素敵な夫婦生活・・・と思いきや、当の二人はありきたりで平凡な生活に少し飽き飽きしていたのです。

ある日、子供達が泊りがけのキャンプに出かけているとき隣の家が売却され、絵になる“理想的な夫婦”が引っ越してきたのです。
ジェフが帰宅すると、カレンが自宅にその理想的な夫婦、ティムとナタリー・ジョーンズを招いていました。ティムはジェフに贈り物としてガラスの置物をプレゼントします。そこから二組の夫婦は隣人同士の交流を深めることに。

とあるご近所さんが集まるパーティーでのこと。ティムがジェフたちの家に入るのをカレンが目撃し、ティムに話しかけます。「トイレを探していただけ」と主張するティムに違和感を感じるカレン。そこからカレンはジョーンズ夫妻を調査することに。しかし彼らを追跡していくうちにトラブルに巻き込まれていくジェフとカレン。

実は、ジョーンズ夫妻は政府のスパイだったのです!

平凡な日常に刺激を欲しがっていた夫婦が、突然刺激たっぷりの危険なシチュエーションに巻き込まれていくコメディ作品! 迫力満点のアクションも必見です。
Sponsored Link

ザックと共演するのは実力は俳優ばかり

カレン演じるのは、アイラ・フィッシャー。オーストラリアの女優さん。日本では『お買いもの中毒な私!』で知名度がグンとあがりました。



彼女がコメディ作品に出演しているのを私は初めて見たのですが、ピッタリすぎる! 弾けた感がたまりません。

また、ナタリーを公演するのはガル・ガドット。彼女は長身で超絶美人!クールなスパイ役がハマりすぎ! 実は彼女、イスラエル出身なんですがイスラエルには兵役義務があるため18歳の頃から2年ほど戦闘トレーナーの職務に付いていたそう。そりゃピッタリですわ。

ちなみに彼女は『バットマンvs スーパーマン ジャスティスの誕生』でワンダーウーマンも演じています。



アクションに引っ張りだこな女優さんですね。

そんなガル・ガドットが演じるナタリーの夫ティムは、ジョン・ハムが好演。彼はテレビドラマシリーズ『MAD MEN マッドメン』で話題になり2008年にはゴールデングローブ賞で男優賞(ドラマ部門)を受賞した経歴アリ。

そんな豪華俳優陣たちが、全力でアクションして全力で笑いを取っている本作!日本での公開に期待したいですね!

この記事を書いた人

トキエス
トキエス
神戸出身。音楽業界で様々な業務を経て、現在デザイナー&映画ライターとして活動中。
ライブやフェス、舞台等、感動を直接肌で感じれる場所が大好物。
音楽、映画、海外のお役立ち情報を随時発信中。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link