リルコノ
2017/09/25 07:09

お局にならないようにアラサー女子が気をつける4つのこと


こんにちは!
Lilconoライターのエトウです。

職場に長く在籍して、職場の様々な事情を把握している「お局」と呼ばれる女性をご存知ですよね!

お局に対して、良い印象をお持ちでない人も多いのではないでしょうか。

実はアラサーを迎えた女子は、「自分もお局になってしまうのではないか」と覚えている人も多いんです!

今回は、アラサーになったら気をつけたい!お局にならないために気をつけることを4つご紹介いたします。


相手の気持ちを考える

在籍年数が長くなると、後輩が増えてきて少し傲慢になってしまいがち。

自分の要望だけを押し付けてくるくせに、実際には自分は仕事が出来ないという上司は嫌われてしまいます。

新人の頃を思い出しながら、後輩達と一緒に仕事をする姿勢を忘れないようにしましょう。

また指導の際も、的確にどこが間違いなのかを指摘し、後輩や部下のミスを後に引きずらないようにします。

自分がしてしまったミスは反省すべきですが、いつまでも「あの時もミスしたんだからさ~」としつこく言うのは、嫌みったらしく大変不愉快です。

新人に全て丸投げしないようにする


職場のサークルでは、新人が雑務を率先して行い、先輩はのんびり過ごしていることが多いですよね。

新人の行いにあぐらをかくのではなく、ベテランと言えど新人と一緒に率先して雑務をこなすようにしましょう!

例えば、サークルの親睦会などでバーベキューを行ったとします。

調理やゴミの処理などの雑務を新人に指示するだけで、自分はビールを飲んで他の人とおしゃべりしているだけでは印象が悪いですよね。

「何か手伝うことある?」「手が飽いてるからゴミを集めてくるね!」など、自分も仕事を見つけて動くようにしましょう。

先輩でも新人と同じ立場に立ってくれる人は、必ず慕われますよ!
Sponsored Link

「後輩や部下のおかげ」という考え方を持つ

自分の仕事がスムーズに進むのは、部下や後輩が上手くサポートしてくれているからですよね!

どんな仕事も、自分一人ではなかなか効率的にいかないものです。

多くの人達の助けがあって、今日の自分が居るんだと意識するようにしましょう!

私生活を充実させる


これらのことを意識していても、私生活が充実していなければ、他人のゴシップやミスなどがとても魅力的に感じてしまいます。

趣味や恋愛、自分磨きなど、私生活が充実するようにしてみましょう!

心が満たされていれば、他人のゴシップやミスを差ほど気にならなくなります。

他人を許す心の余裕も生まれるので、後輩や部下がミスをしても、的確に注意をして、後に引きずらないようにすることが出来ますよ!


まとめ

職場の在籍年数が長いと、「お局」と呼ばれる女性に近づいていく気がしますよね。
でも、お局はマイナスイメージばかりで、「出来れば自分はなりたくない!」と強く望んでいるアラサー女性も多いはずです。

そんなアラサー女性は、以下の点に注意するようにしましょう。

1:相手の気持ちを考える
2:新人に全て丸投げしない
3:私生活を充実させる
4:「後輩や部下のおかげ」という考え方を持つ

この点に気をつけることで、きっとお局にならずに済むはず!
頑張って意識するようにしましょう。

この記事を書いた人

エトウ
エトウ
大阪府出身。自分らしく仕事が出来るようにフリーランスライターになる。
得意ではないが、裁縫やDIYなど物作りが好き。
どこかに女性らしさを置いてきてしまった残念な人なので、リルコノで記事を書きつつ、女子力を身につけていきたいです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link