リルコノ
2016/04/06 07:04

美容師や医療系を目指す女子がお得に資格を取得できる方法とは?

gahag-0039591558-1
ある講演会に参加していたときに、講師が「どんなときにハローワークに行きますか?」と、質問をしました。
すると多くの人は「仕事を辞めたときに失業保険を受け取ったり、求人票を見に行くところ」と答えました。
もちろん正解です。

しかし、今すぐに転職を考えていなくてもハローワークには実は、お得な制度があるのです。
その代表的な制度である「教育訓練給付金」を紹介しましょう。

教育訓練給付金とは?

資格を取得するために、かかった費用の2割から4割を負担してもらえる制度のことです。
雇用保険に3年以上加入している方(はじめて利用するときのみ、1年以上の加入でOK)を対象としていて、離職者が受けられる「専門実践教育訓練給付金」と、働きながら受給可能な「一般教育訓練給付金」の二種類があります。

「専門実践教育訓練給付金」は、受給開始ひと月前までにハローワークの窓口に、書類を提出する必要がありますが「一般教育訓練教育給付金」は、受講終了日の翌日からカウントして、1ヶ月以内に手続きを行えば、費用の一部を戻してもらえます。

どんな資格が受講できるのか?

都道府県によって違いはあるものの、専門的な資格では「看護師」や「介護士」などの医療系や、「調理師」や「美容師」といったスペシャリストを目指す講座が中心です。
一方、一般給付が対象の資格では幅広く「鍼灸」や「簿記」「キャリアカウンセラー」など多岐に渡ります。
すぐに就職に結びつく資格でなくても、英会話やパソコンの講座を受けると、スキルアップにつながりますし、幅広い年代の受講生と知り合えるので、本職以外の世界が見えてきて刺激的です。
Sponsored Link

たとえば20万円の費用がかかる資格でも、この制度を知っていると、4万円が還元されるため16万円で取得できることになります。
世知辛い世の中ですが、身につけた知識や技術、そしてそこで覚えた勉強の仕方は、一生使えるものですよ。
興味がありましたら、是非近くのハローワクに問い合わせてみましょう。

この記事を書いた人

有朋さやか
有朋さやか
82年岡山県玉野市生まれ。同市在住。歌誌「短歌人」に出詠中。
新聞・雑誌の読者投稿を経て、2014年から、ライターとして活動開始。 
短歌実作の話をすると、某読者様に「与謝野晶子みたい」と言われました。しかし、作品ではなく、外見のことだ判明して撃沈。以来、自称ニューハーフ顔だと信じこみ、たくましい髪質と骨格を、カバーしながらも、生かす美容と、ファンションを研究中です。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link