リルコノ
2015/10/10 07:10

有酸素運動をしても痩せない本当の理由

リルコノ13
こんにちは!Lilconoライターの亀パンダです。

ダイエット中「有酸素運動をしなさい」と言われている一方で、「有酸素運動を毎日しているのに痩せない」と言う人も多いのは何故でしょう。

そこには、実は大きな理由が隠されています。

ただひたすらに歩けばいい!走ればいいと考えているとダイエットは失敗してしまいます。有酸素運動をしても痩せない理由をしっかりと理解した上でダイエットを行えば成功の確率もぐんと上がっていきますよ♪
今回は、失敗しないダイエットをするために。有酸素運動をしても痩せない本当の理由についてお話ししていきます。

Sponsored Link

有酸素運動を必死にしても無駄!?

ダイエットをしている人は当たり前に「動けば痩せる」と思っている人がいます。しかし、ジョギングや、キツめのウォーキング中に消費されているのは主に「グリコーゲン」という物質。脂肪ではないんです。
脂肪が燃焼されるのは、運動をした後に休憩を入れるそのタイミングなんです。

10分運動したら5分止まる。そんな運動方法は効率的ではありませんし、楽しくありませんよね。歩いている時にも確かにカロリーは消費されています。
でも、脂肪の燃焼という観点から見るとそれほど大きくなく辛い割りに痩せないという結果になってしまうのです。

有酸素運動で減らせるカロリーは微々たるもの

有酸素運動で30分歩いても、消費するカロリーは100キロカロリー程度。ペットボトルのサイダーを飲んだらそれでもうチャラになってしまうカロリーしか消費できません。
そのため、自分は毎日歩いているのにも関わらず「全然痩せない」と思ってモチベーションがどんどん下がってしまうのです。

運動しているという安心感から「このくらいなら食べても大丈夫」とおやつにクッキーやチョコレートなどを食べてしまうなんて人も結構多いようです。そうなると、もう摂取カロリーの方が消費カロリーよりもオーバーしているため、どんなに努力しても痩せるどころか太ってしまうという結果になります。

それでも有酸素運動をしたいという人のために!

有酸素運動をする事は、消して悪い事ではありません。歩いているうちに、脳から快感物質であるアドレナリンや、ドーパミンが出てストレスの解消になり食べすぎを防ぐ事も解っています。そのため、有酸素運動に過度なカロリー消費の期待さえしなければどんどん行ったほうが体のためになります。

有酸素運動でカロリーの消費をもっと大きくしたいなら、筋肉を付ける無酸素運動を毎日組み合わせる事も大切です。簡単に言えば筋トレです。スクワットや、腕立て、腹筋などを毎日取り入れます。筋肉は脂肪を燃焼させ、カロリーを消費する役目を持っていますので、鍛えれば鍛えるほどカロリー消費を大きくする事ができるのです。



いかがでしたか?

有酸素運動をしても痩せないと悩んでいる人は、有酸素運動に過度な期待をしていないか一度見直してみましょう。ダイエットは総合力が大切です。食事のバランスを見直し、筋肉を鍛え、そして有酸素運動を取り入れるその3つが歯車のようにかみ合わないと大幅な減量は難しいのです。正しいダイエットの知識を身に付けるのも失敗しないダイエットをするために大切です。


もっとダイエットのことを知りたいなら!

belly-2354_1280_s
効果的なダイエット特集【Lilconoまとめ】

この記事を書いた人

亀パンダ
亀パンダ
人生経験豊富な恋愛ライター

元々容姿にコンプレックスがあったものの、
どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果
男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。

自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに
心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
一緒に、成長できる恋愛を目指してがんばっていきましょう!

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link