リルコノ
2014/04/10 08:04

美肌の大敵!老化をまねく肌のコゲ付き、「糖化」っていったいなに?

7241865064_b9a3f85295_b

Lilcono(リルコノ)ライターのすがた もえ子です。

いくつになっても綺麗でいたいと思うのは、
女性の変わらぬ願いだと思います。
けれどそれを実現するのはなかなか大変ですよね。

最近顔色があんまりよくないかも・・・なんていう事はありませんか?

ひょっとしたらそれは体内の「糖化」が原因かもしれません。
特にスイーツが大好きで、ジュースや炭水化物も大好きという人、
要注意です。

 

「糖化」ってなに?

「糖化」という言葉を耳にした事がありますか?

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、
実は美肌に気を使う女性にとっては覚えておきたい言葉なのです。

「酸化」が肌や体に悪いのはもはや常識ですが、
「糖化」はこの酸化に匹敵するほど、体へ影響を与える現象なのです。

酸化は体内が「サビつく」現象ですが、
糖化は体が「コゲつく」現象だと言っていいでしょう。

簡単に言ってしまえば、体内に存在する「タンパク質」が
「糖」と結びつく事で起こります。

糖化したタンパク質は体の中に蓄積していきます。

一度作られたこの物質は分解される事はないので、
年齢と共に増加していく一方なのです。

体内の糖化が進むと肌のキメが荒くなり、シミ、シワやくすみの原因にも。

糖化はコラーゲンの生成物質であるタンパク質を変化させてしまうので、
肌のターンオーバーのサイクルがどんどん狂わせていくのです。

老化を加速させるスイッチの役目を果たすのが、この「糖化」です。

恐ろしい現象ですね。

いくらダイエットやスキンケアを頑張っていても、
体の内側がコゲついていれば、せっかくの効果も台無しになってしまうかも・・・。

 

糖化の影響は肌だけじゃない

体の中に蓄積された糖化されたタンパク質は、
肌だけではなく健康にも影響を与えます。

肌に現れるのと同様に、血管の中にも同じような影響を及ぼすのです。

糖尿病やアルツハイマーなど、様々な病気の原因を引き起こすと
言われているのが「糖化」なのです。

 

糖化に対抗するには

糖化とは、食事で過剰接種された糖類が体内でタンパク質と
結びつく事で起こる現象ですが、それでも糖質は体にとって必要な栄養素。

接種しないわけにはいきませんよね。

甘いものが大好物で、お菓子や菓子パンを毎日山ほど食べるという人は
食生活を見直すところから始めるとして、
そうでない人も糖化に対抗する食物繊維や柑橘類、
カモミールなどのハーブ類をとるように心がけるのが大事です。

もちろん日本茶や赤ワイン、レンコンなど、ポリフェノールを
豊富に含む食材は、体内の酸化・糖化を共に抑える手助けをしてくれます。

もう一つ注意したいのが、お腹がすいている時です。

空腹時にいきなり甘い物を食べると糖の吸収が早まり、
血糖値が急上昇してしまいます。

ですが食事を野菜やスープ類から食べ始めるだけで、
この血糖値が上がりにくくなるのです。

野菜を初めに食べる事で満腹感を得られ食べ過ぎを防げるのはもとより、
食事の最初にスープ類を取ることで内臓が温まり、
代謝も上がるのでダイエット効果も期待できます。

もちろん甘い物を食べすぎないようにするのは重要ポイント!

いきなり食生活をガラリと変えるのは難しいですけど、
食べる順番を変えたり、効果があると言われる食材を少しずつ
食事に取り込んでいくことから始めてみるのはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

すがた もえ子
すがた もえ子
得意ジャンルはライフスタイルとスピリチュアルに美容&健康。
綺麗と健康は背中合わせをコンセプトに、ちょっと役立つ情報をお届けします。

漫画家アシスタント、イベントコンパニオン、MCなど様々な職業を経験してきました。
イベントやお祭りが大好きな猫ストーカー。

おいしい物や面白そうな事に目がなく、興味がある事はとりあえずやってようがモットーです。
日本各地に伝わる伝承を集めてまわるのが趣味。
温泉ソムリエ。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link