リルコノ
2018/01/21 07:01

大学生のサークル内の恋愛で気を付けるべきこと3選


大学生活始めたばかりの人は、ゼミやサークルで忙しい一日を過ごしているのではないでしょうか。
サークルの先輩方を見ていると、楽しそうに和気あいあいと過ごしているのがうらやましくなりますよね。
しかし、楽しそうに見えるサークル内での人間関係ですが、これが恋愛になるとトラブルが多くなってしまうのをご存じですか?
今回は、サークル内の恋愛で気を付けるべきことをご紹介いたします!
Sponsored Link

サークルクラッシャーにならないために

大学のサークル内に限らず、中の良いグループ内の男女関係を事あるごとに破壊する“サークルクラッシャー”をご存じですか?
もともとは同人用語として語られていたサークルクラッシャーは、メンバーが男性ばかりのところに飛び込んできた女性が引き起こすことが多く、その女性とメンバーの男性で繰り広げられる色恋沙汰の争いが発端となり、サークルやグループが機能しなくなってしまうことを言います。

<サークルクラッシャー女子の特徴>
・八方美人
・話を盛る
・男性の前ではキャラを作る
・自分の話を優先して話したがる
・人が会話しているところに割り込んでくる
・ボディータッチが多い 等

サークルクラッシャーにならないために気を付けるべきこと

限定された人間関係であるサークル内は、一緒に居る時間が多いため友達を作るのと同時に恋人もできやすくなります。
しかし、複数男女が居るサークル内では、元カノ・元カレもそのままサークル内に在籍し続けていることもあり、昼ドラも真っ青の愛憎劇が繰り広げられることもあります。
そうなるとサークルは本来の目的を果たせなくなり、存続が危うくなります。
そうしたサークルクラッシャーにならないために、これから気を付けるべきことをご紹介します。

① 付きあったら堂々と公表する
意外かもしれませんが、後々のトラブルを避けるために恋人関係になったことをサークル内で公表します。
公表することで、「なんで付き合ってたことを黙ってるの!狙ってたのに!」といったトラブルを回避することができます。
また、倍率の高いイケメン相手にあらぬ噂が立つと、方々から敵を作ってしまうことになります。
こうしたトラブルはせっかくの大学生活に支障をきたすため、付き合っていることはハッキリと公表するようにしましょう。

② サークル内でイチャつかない
さて、付き合ったらサークル内でも彼の隣りに座ったり、手をつないだりしたいものですよね。
しかし、他人からすると他の人が目の前でイチャつかれることはとても鬱陶しいことです。
目のやり場にも困るので、サークル内ではイチャイチャしないようにしましょう。

③ 別れても後に引きずらない
恋愛とは必ずしもハッピーエンドを迎えるものではありません。
多くは終わりを迎えます。
彼と別れた時、「あの時こんなこと言ってた!」と悪口の一つも言いたくなりますが、別れたらそこで彼との関係をキッパリと終わらせるようにします。
悪口を言うことで、他のサークルメンバーが気を使ったり、彼の評価が落ちてしまうことも。
同時に、悪口を言うあなたに対する評価も信頼も落ちてしまうので、別れても悪口は一切言わないようにします。


まとめ

多くの男女が集まるサークルでは、恋愛が始まるのは自然な流れです。
しかし、その恋愛のメリハリをしっかりと付けなければ、他の人から嫌悪のまなざしを受けたり、今後の大学生活に支障をきたすことに繋がります。
サークルクラッシャーにならないためにも、今回ご紹介した点に気を付けてサークル内の恋愛を楽しむようにしてくださいね!

この記事を書いた人

エトウ
エトウ
大阪府出身。自分らしく仕事が出来るようにフリーランスライターになる。
得意ではないが、裁縫やDIYなど物作りが好き。
どこかに女性らしさを置いてきてしまった残念な人なので、リルコノで記事を書きつつ、女子力を身につけていきたいです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link