リルコノ
2018/10/11 07:10

落ち込んだ時、死にたい時にポジティブになるための対処法とは


こんにちは!Lilconoライターのエトウです。
皆さん、生きていれば辛いことの一つや二つ、経験してきたのではないでしょうか。
そんな時、皆さんはどういう風に前向きになることができましたか?
心が落ち込んでどうしようもない時、死にたくてどうしようもない時に、どうにかしてポジティブになるための対処法は、意外と誰も教えてはくれません。

そこで今回は、心が落ち込んだ時にポジティブになるための方法を、私の体験談を交えてご紹介いたします!
Sponsored Link

ポキッと心が折れる瞬間が必ずある

志望校に落ちた時、面接に落ちた時、彼氏と別れた時など、ポキッと心が折れてしまう瞬間は生きていれば必ず経験します。
この時、どうにかして前向きにならなければ、この先生きて行くことができないのですが、意外にもその方法は誰も教えてくれません。
支えてくれる友人や家族が居れば、気分転換に買い物や旅行にでかけて忘れることもできるのですが、そうでない人も居ます。
自分一人で前を向いて生きなければならない時、どうすればポジティブになれるのでしょうか。

私がすすめるポジティブになる方法

アラサーである筆者も、何度か心が折れて「もう死にたい」と本気で考えたことが何度かありました。
私はとある事情で友人を作るのを早々に諦めたので、支えてくれる友人はおらず、また家族仲も然程良くないので、基本的には自力で前を向くしかありません。

私が心が折れた時に試したことは、とにかく何もしないことでした。
仕事も勉強も家事も育児も、本当に何もしません。
布団に転がってスマホいじって、お腹が空けばご飯を食べて、眠くなれば寝る。ただそれだけです。
何もしていなければ、余計なことを考えてしまって涙があふれてしまうこともあります。
でもその度に、「どうして私は辛いのか」「何が嫌だったのか」と、このどうしようもない辛い気持ちの原因を考えることができます。

原因が分かれば、次に自分がどうしたいのかを考えます。
例えば受験に失敗したのなら、来年もう一度受験するのか、そのために予備校に通いたいのか。
失恋したのなら、元カレを忘れるのか、もう一度話し合う場を設けるのか。
就職に失敗したのなら、受けた会社が本当に自分が長い期間勤めることができたのか、違う会社ではダメなのかなど。
自分が納得できる次のステップについて考えて、心が落ち着いたら行動します。

それでダメだったら、「そうすべきじゃなかった」「違う選択肢があったんだ」と思うようにしています。
後悔がないように自分でやれるだけやってダメだったなら、仕方がないじゃないですか。
私の場合、違う選択肢を選ぶことで、意外にも良い方向に人生が転がることが多々ありましたよ。

理由が分からず落ち込む時は精神科を受診する

色んな疲れが溜まると、心も体と同じく疲れてしまいます。
理由もなく心が落ち込んで仕方がない時や、死にたい時は、心の病気かもしれません。
今では精神科や心療内科を受診するハードルも低くなり、薬も安全性が高いものが多くなりました。
どうしても辛い時は、プロに相談するのも一つの方法です。

この記事を書いた人

エトウ
エトウ
大阪府出身。自分らしく仕事が出来るようにフリーランスライターになる。
得意ではないが、裁縫やDIYなど物作りが好き。
どこかに女性らしさを置いてきてしまった残念な人なので、リルコノで記事を書きつつ、女子力を身につけていきたいです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link