リルコノ
2016/02/17 07:02

気になる相手へアピール! 確実に自分を意識してもらう3つのポイント

gahag-0040409426-1 男女問わず、気になる人ができたら相手との関係を深めたいものですよね。
しかし、女性からアピールするのは、なかなか勇気がいりませんか?
猪突猛進でガンガンアタックできる女性なんてほんの僅か、大抵はどうしていいか悩んでしまうと思います。
そこで、今回は「“確実に”自分を意識してもらう方法」を考えてみましょう。

会話やメールの内容に「相手の名前」を入れる

たとえば、自分の名前が聞こえた気がして、街中で振り返った経験はございませんか?
人間は自分の名前を呼ばれると反応してしまう生き物です。
名前を呼ぶことは、「他の誰でもなく、私はあなたへ呼びかけているのですよ」という意味合いがあります。
とくに、名前を呼び慣れていない人、呼ばれ慣れていない人は、仮に相手が何の気なしで自分の名前を口にしたとしても、はっと意識するでしょう。
この「意識させる」というのがとても大切な要素です。気になる相手の中に「自分の場所、存在」を作るのです。
また、名前を呼び合うことによって、親しみや好意が生まれやすくなります。あだ名や変わった呼び方などには、密かな独占欲が含まれており、特別感がかなり増しますよね。
わざとらしくない程度に名前を呼んで、友好的な立場を確立していきましょう。
Sponsored Link

具体的な内容で「相手を褒める」

自分のことを褒められて、不快な気分になる人はおそらくいません。
表面上は普通のフリをしていても、多かれ少なかれ内心は喜んでいることでしょう。
共通の知人や友人との会話に、「気になる相手を褒める話」を盛り込むのが効果的です。
直接褒められるよりも、第三者から「○○さんが△△さんのことを褒めていたよ!」と聞かされる方が、「実はそう思われていたんだ……嬉しい!」と心が働きます。
もちろん、直球で本人に向かって褒めるのもアリです。共通の誰かがいない場合は、できるだけ具体例をあげ、「△△さんのこういうところが素敵ですね」と細かい部分を褒めましょう。
「この人、そんなところまで見てくれているんだ」と好感度アップに繋がります。

「小さなお礼、応援」を重ねる

大きなお礼や応援だと恐縮してしまう相手もいますが、小さなものは素直に受け取りやすいです。
毎回毎回だとしつこくなってしまうので、数回に一度、お菓子など相手の喜びそうなものをちょこっと添えて感謝の気持ちを表しましょう。
お礼を述べる機会があまりなくとも、相手が疲れている時、がんばっている時に応援の声をかけたり差し入れをしたりするだけで、自分に対する相手の印象はすぐに変わっていきます。
些細なことだと馬鹿にはできません。こうして少しずつ積み重ねていくことで、相手の心があなたへと傾いていくのです。


以上、3つのポイントはいかがでしたか。
どれも基本的なことですが、確実に好感度を上げる手です。
気になる相手以外にも、良好な関係を築くために色々と使えそうですね。早速明日から実践してみましょう!

Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link