リルコノ
2015/09/04 07:09

女子の雨の日おしゃれ

umbrella-403185_1280
朝目が醒めて雨が降っていると、憂鬱に思うことはありませんか?
髪は広がるし、まぶたにむくみが出るし、テンションが下がりそうですよね。
ところが、少し目線を変えてみると、低気圧の日は、晴れている時とは違うおしゃれを楽しめるチャンスなのです。

遊ぶ心あふれる「レイングッズ」

気になっていても、財布と相談すると、ちょっと敷居が高い・・・そんなブランドでも、レインブーツや、レインコートだとお手頃価格で手に入れることができるのです。
一生もののカシミヤのコートや乗馬風ブーツだと、ショーウインドーで眺めているだけの商品だったりしますが、特定の日にしか出番がこないレイングッズは価格帯が安く財布に優しいので、狙い目だと言えるでしょう。
あこがれのショップで探してみるとレインシューズでありながら、タウン用にも通用しそうなほど、しっかりとした作りのものや、カラフルな色彩のグッズも多くて、見ているだけでもイノセントな気分が味わえますよ。

あかるい色の傘を持とう!

洋服はシックな色彩でも、傘だけは明るいきれいな色がおすすめです。
湿度が高く雲に厚くおおわれて陰鬱な空の下でも、「カナリア・イエロー」や、「コーラル・ピンク」「ワイン・レッド」の雨傘が開くと、それだけでも、美人オーラがアップしそうです。
内山理名さんの主演映画『卒業』では、ヒロインが何度も、深紅の傘をさしていました。普段は、おちゃめな女子大生が傘を持つことにより、絵になる女性に格上げされる演出と、小道具使いにハッとさせられたものです。


地味一辺倒になりがちな、雨の日だからこそ、女性らしく華やかに装いたいとおもいます。
そして、濡れても良い素材を中心にして、帰宅後をお手入れを楽にする工夫をお忘れなく!

この記事を書いた人

有朋さやか
有朋さやか
82年岡山県玉野市生まれ。同市在住。歌誌「短歌人」に出詠中。
新聞・雑誌の読者投稿を経て、2014年から、ライターとして活動開始。 
短歌実作の話をすると、某読者様に「与謝野晶子みたい」と言われました。しかし、作品ではなく、外見のことだ判明して撃沈。以来、自称ニューハーフ顔だと信じこみ、たくましい髪質と骨格を、カバーしながらも、生かす美容と、ファンションを研究中です。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link