リルコノ
2017/06/24 07:06

観ている側も思わず息を止めちゃう!『ドント・ブリーズ』

ayaka_banner

みなさまこんにちは。Lilcono映画ライターのトキエスです。

これまで数々のホラーやスリラー作品を鑑賞してきましたが、
その中でも話がわかりやすく気軽にドキドキハラハラ感を感じることができる作品を今回はご紹介します。

全米でメガヒットを記録したショッキングスリラー『ドント・ブリーズ(原題:Don't Breathe)』。2016年のアメリカ映画で、日本では12月に公開されました。

本作の製作を担当したのは『スパイダーマン』シリーズで監督を務め、さらに『ゴースト・ハウス』や『死霊のはらわた(2013)』などに携わってきた、サム・ライミ。



あらすじ

養育放棄の両親と共に暮らす少女ロッキー(ジェーン・レヴィ)は、日々の暮らしに絶望。腹違いの妹といつか一緒にカリフォルニアへ逃げることを約束します。彼女はロッキーの彼氏であるマニーとアレックスの三人の若者は、裕福な盲目の老人をターゲットに強盗を企てることに。

一人暮らしで盲目、そしておじいちゃん。なんともイージーなターゲットだと思った三人。

しかし、その老人は目が見えない代わりに人並み離れた聴覚を持ちどんな音も聞き逃さない
異常な人物だったのです!

暗闇に包まれた家の中で追い詰められたロッキーたちはなんとか地下室にたどり着きますが、そこで恐ろしい光景を目にするのです。
Sponsored Link

幽霊でも悪魔でもない人間の怖さ

本作には幽霊も悪魔も一切出てきません。出てくるのは、異常なおじいちゃんなのです。
彼は湾岸戦争の元兵士のためムキムキでパワフル。
目が見えない代わりに聴覚は異常。
息をしたりするだけで容赦無く襲ってくるのです。

そんなシーンがたくさん詰まっている本作は、ところどころロッキーたちと一緒になって息を止めてしまいます。

「ただ、脅かすだけでオチはイマイチなんじゃない?」と思ってしまっている人は特に観た方がいいかも。このおじいちゃん、とんでもない"秘密"を隠しているのです。

ちなみに怖いおじいちゃんを演じたのは、『パブリックエネミーズ』や『アバター』で知られるスティーヴン・ラング。彼自身現在64歳。若者を恐怖に陥れる役を好演しています!

ちなみに本作は、1000万ドル以下の低予算で製作されたものの、全世界で1億5200万ドル(日本円で約166億円……!)の興行収入を稼ぎ出したんです。

アルバレス監督と共同脚本家のロド・サヤゲスは続編があることは確かだと語ったニュースも報じられ、シリーズ化も期待されている作品なんです!

お化けでもない悪魔でもない、人間の恐怖。鑑賞中、息をするのを忘れないでくださいね!

 

使える英会話♡

“It won't open.”
「開かないぞ」

“What about that window?”
「あっちの窓はどう?」

“I'm going to myself.”
「私が行くわ」

“Do you have anything else ?”
「他になんか持ってないのか?」

“We have to leave .”
「ここから出なきゃ」

この記事を書いた人

トキエス
トキエス
神戸出身。音楽業界で様々な業務を経て、現在デザイナー&映画ライターとして活動中。
ライブやフェス、舞台等、感動を直接肌で感じれる場所が大好物。
音楽、映画、海外のお役立ち情報を随時発信中。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link