リルコノ
2014/04/07 14:04

時代遅れは嫌!アラサー世代が今一番極めたいメイクは?




はじめまして、Lilconoライターのjacoです。
私も含めたアラサー世代が今一番極めたいと思っているメイクはズバリ「眉メイク」です。


Sponsored Link


時代に合わせたメイク

メイクを始めた頃がまさに安室ちゃん世代。
細くてキリっとキレイな眉をマネしたいと、毛を抜いたり剃ったり。
それが当たり前だった私達にとって今話題のボサ眉は全くの新しいメイク。
かわいい、やってみたいとは思いながらも今までのような眉メイクをしてしまったり
どうしてもキレイに毛をカットしてしまいます。


新たな気持ちで眉を作ってみよう

今までの眉メイクをもう少し太めにと考えてしまうとトレンドには程遠い眉の形となってしまいます。
これまで培ってきた眉メイクは一度捨てて、新たにメイクを学ぶ気持ちでトライしてみましょう。


新たな眉はふんわりストレートに

まずはすっぴんの眉から気持ちゆるいカーブのあるストレートをイメージしてみましょう。
イメージすることで足さなくてはいけない場所、カットすべき部分などが見えてくると思います。

描き足すべき部分は主に目尻にかけてカーブが下がっていく部分。
ここを足しながらも傾斜をゆるく魅せることで大らかなストレート眉に。

プラスで目頭の下も太く見せることでバランスをとります。
また眉をある程度カットする場合は、眉山部分です。

特にカーブのきつめの方は毛をカットし、
コンシーラーで軽く隠していくとなだらかな眉になっていきます。


ローラさんのような目ぢからに

テレビでも雑誌でもよく見かけるローラさんの顔立ちをぜひ今一度よく見てください。

彼女の目頭部分は、眉頭が目の位置から近くにありませんか。
眉と目の間が狭いほど、目への印象を大きくしているのです。

ローラさんを参考に眉の位置をできるだけ目に近くなることを意識して眉メイクをしていくことで
目ぢからUPを目指していきましょう。

やさしい印象を与えるトレンドの眉メイク、極めていくことでぐんとおしゃれもメイクも楽しくなるはず。
ぜひ周りのアラサー女子たちより先取りして自分のものにしてしまいましょう。

この記事を書いた人

jaco
jaco
様々な女性ポータルサイトで執筆中。
食生活アドバイザー、化粧品販売、アロマテラピーなど勉強を重ね美容ライターとしての活動を広めています。ファッションはどこか1つアクセントのあるカラーを取り入れています。その選んだカラーに合わせてチークカラーを選ぶのが朝の楽しみです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link