リルコノ
2017/11/08 07:11

結局どのクレンジングがいいの?オイル?ジェル?ミルク?ウォーター?


こんにちは、リルコノライターのjacoです。
最近はクレンジングに色々種類があって本当に迷いますよね。
そこで美容ライターのjacoが選ぶクレンジングについてご紹介。用途別にも紹介するので迷っている方はまず読んでみてくださいね!


流行りはジェルクレンジング


最近ダントツで人気があるのはジェルクレンジング。値段もお手軽なものから高額なものまでピンきりです。
ジェルクレンジングの魅力は洗顔いらずということ。時短にもいいですよね。
またホットタイプのものも多く毛穴の汚れを落とすことをアピールしていることが多いです。

このジェルクレンジング、ナチュラルメイクが主流となっている今だからこそ人気があるんです。つまりがっつりマスカラやアイライナーの方はアイメイクリムーバーを別途使うことをおすすめします。
保湿成分もしっかり配合した商品も多いので、肌への負担を考えて選ぶ最近の女性にぴったりなアイテムになっていますね。


オイルクレンジングはやっぱり落ちる!


やっぱりちゃんとアイメイクやリップメイクまで落とすを重視すればオイルです。最近はバームタイプも人気ですね。
ただこちらにも保湿成分はきちんと配合されていて、オイルだからすぐにつっぱるってほど強い商品は少なくなってきているので使ったあとにダメージを感じる方も少なくなってきているのでは?
毛穴の汚れは皮脂が原因なので油分で落とすというメリットもありますよね。


敏感肌はやっぱりミルククレンジング?


ミルククレンジングは落としたあとのコーティングされたようなしっとり感が魅力。ただこれが落とし切れていないような気になってしまう方もいますよね。
ミルククレンジングはナチュラルメイクでかつ本当に敏感な肌の方向きと考えます。
一時期人気のあったミルククレンジングも最近はあまり見かけなくなっているというのが現状です。


ふき取りウォーターは使い方次第


水を使って洗い流すことなく簡単に拭き取れる、ふき取りクレンジングはいつでもどこでも落とせることが魅力ですよね。

とりあえず家に帰ってからスッキリしたいという方にぴったりです。メイクしたままのお肌は乾燥傾向にあるので早く落とすことは肌にもいいことなのです。ただしそのあとのスキンケアはしっかりしておかないと意味がありませんが。

ふき取りクレンジングは選ぶコットンも大事。安い毛羽立つようなコットンでは肌を傷つける可能性も。ふき取りクレンジングを選ぶ方はコットンも質のよいものをチョイスしてくださいね!


いかがでしたか?
少しでもそれぞれのクレンジングについてメリット、デメリットは伝わりましたでしょうか。
ちなみに私はオイルクレンジング派です。毛穴汚れを落としながらスッキリ洗い流すのが大好きです。ただし、今は乾燥も気になる季節なので、しっかりと保湿は忘れずに。

この記事を書いた人

jaco
jaco
様々な女性ポータルサイトで執筆中。
食生活アドバイザー、化粧品販売、アロマテラピーなど勉強を重ね美容ライターとしての活動を広めています。ファッションはどこか1つアクセントのあるカラーを取り入れています。その選んだカラーに合わせてチークカラーを選ぶのが朝の楽しみです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link