リルコノ
2017/03/25 07:03

真実の愛を追い求めることの美しさ『ジュリエットからの手紙』

ayaka_banner

みなさんこんにちは。Lilcono映画ライターのトキエスです。

突然ですが、みなさんは恋愛中ですか?

恋愛の仕方なんて忘れてしまった……という方や「今まさに恋愛で悩んでます!」という方など
様々なシチュエーションに悩まされている全ての方に観てもらい作品を今回はご紹介します!

2010年のラブストーリー『ジュリエットからの手紙』(原題:Letter To Juliet)です。

(原題を直訳すると「ジュリエットへの手紙」となりますが、本作はジュリエットからの手紙から繰り広げられるラブストーリーなので、邦題は逆の意味になったのだと思います)
Sponsored Link



 

50年前の恋人を探す感動の旅

婚前旅行で婚約者のヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)と共にイタリア・ヴェローナに訪れたソフィー(アマンダ・セイフライド)。

ヴィクターはニューヨークにイタリアンレストランを開業予定のため、ワインや食材のテイスティングで大忙し。

ほったらかしにされたソフィーは一人で観光することにします。

ソフィーが訪れたのは世界中から恋の悩みを綴った手紙が届く「ジュリエットの生家」。

ライター志望のソフィアは、一人の女性が手紙をバスケットに入れて持ち帰るのを見てあとをつけます。するとそこには「ジュリエットの秘書」たちがいました。

世界中から届けられた手紙に一通ずつ返信をしているというジュリエットの秘書たち。彼女たちを手伝うことになったソフィアは再びジュリエットの生家に訪れます。

そこでソフィアはなんと50年前もの手紙を壁の中から発見。返信を書きたいと志願します。

数日後、手紙の差出人であるイギリス人女性クレアとその孫チャーリーがソフィアのもとを訪れます。

そこから50年前に恋に落ちた青年ロレンツォを探す旅に出ることに。

しかしロレンツォという男性はイタリアにたくさん(日本でいう山田や佐藤のようなコモンネームなのです)!

ソフィアは共に旅に出て取材し記事を執筆することにします。

 

実在するジュリエットの秘書

実は本作の舞台となっているイタリアのヴェローナには実際にジュリエットの秘書たちがいます。ヴェローナ市のボランティア女性たちが運営するという「ジュリエットクラブ」。世界各国から年間5000通もの手紙が届くのだとか。もちろん言語も様々。しかし主要言語に対応しているそうです。

本作が公開された時期には従来の8倍である40000通を記録したそう。
観光でぜひ訪れて見たいですね!

イタリアに観光したい!という女性は絶対に観て欲しい本作。50年越しのラブストーリーに誰もが涙すること間違いなし!

また恋愛に対してのシンプルな答えがたくさん詰まった本作を見れば、今の状況を打破してくれる改善策が思いつくかもしれません。

 

使える英会話♡

“Win win.”
「決まりだ」

"I just followed you."
「あなたをつけてきたの」

"Husbands are like wine. They take a long time to mature."
「夫はワインと同じ。熟成には長い時間が必要」

"Are you joking?"
「ふざけてるのか?」

"Because I'm a realist."
「俺は現実主義者だから」



  

この記事を書いた人

トキエス
トキエス
神戸出身。音楽業界で様々な業務を経て、現在デザイナー&映画ライターとして活動中。
ライブやフェス、舞台等、感動を直接肌で感じれる場所が大好物。
音楽、映画、海外のお役立ち情報を随時発信中。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link