リルコノ
2017/10/29 07:10

彼氏が激オコ!彼氏を怒らせてしまった時の4つの対処法


どんなカップルにも喧嘩はつきもの!
でも、そうは知っていても自分たちが大きな喧嘩をするとどうしてよいか解らず焦ってしまう事もあると思います。
彼氏をすごく怒らせてしまった時、貴女ができる対処法はあるのでしょうか?
今回は、彼氏が激オコ!彼氏を怒らせてしまった時の4つの対処法をお届けします。


しばらく放置する

彼氏が感情的になり大声を出したりした時は、少しの間放置するのが効果的。
感情的になって居る時に話し合いをしようとすると、相手にわかってもらおうと貴女の方も感情的になり、思わぬ飛び火喧嘩を招いてしまうこともあります。
お互いにピークになった感情を冷静にする時間を取る事も喧嘩を早く収束させるためには大切です。
3日から1週間連絡を遮断するようにすると、向こうも冷静になるのにつれ「言い過ぎたかも」「彼女を傷つけてしまったかも」と罪悪感をもってくれるので仲直りがしやすくなるんですよ!
Sponsored Link

しょんぼりした態度を見せてみる

彼氏を激オコさせてしまった時、彼は「彼女には負けたくない」「俺は男だ」と喧嘩をする気持ちがいっぱいに盛り上がっています。
「やるならやってやるよ!」こんな気分でしょうか。
この状態で、貴女が色々話をしても聞く耳なんて持ってくれませんし、女には負けなたくないなんて変なプライドがじゃまをして余計に拗れてしまいます。
そんなときは、彼に「戦う気ゼロです」という戦意がない自分を見せ付けるのが効果的。
カッカしている彼に、戦意がない自分を見せると拍子抜けして冷静になることも多いです。
「悪い事をした」「俺一人で何を怒っているんだろう」と反省したり、申しわけない気持ちになったりして怒りが急激になくなります。
喧嘩をしたら応戦するのではなく、しおらしくしょんぼりするのが良い方法。


素直にごめんなさい

自分に非がある時は、素直にごめんなさいと言う事も大切。
謝ることは基本的なことですが、相手がすごく怒っていると「私だって」と言い訳をしたくなり上手く謝れない女性も多いかも。
彼氏に謝る時は、ちゃんと目をみて「ごめんなさい」とまずは伝えましょう。
その後自分が、なぜ悪かったのか、そして次はどうしたら同じ過ちを犯さずに過ごしていけるのかという点まで話せると相手の怒りをすぐに静めることが出来ます。
「ごめんなさい」とだけ言うと謝れば良いと思っていると余計怒りを買うことがあるので、「私の○○の行動が悪かったよね」と自分が悪かったポイントを把握してから謝る事が大切です。


涙を効果的に使う

喧嘩の時、自分の気持ちが上手く伝わらず泣いてしまう女性も多いかもしれません。
でも、男性は怒っている時に女性の涙を見ると「泣けば良いと思っている」とか「話し合いにならない」「かわいそうと思われたいだけ」なんて嫌悪感しか感じないみたい。
同じ涙を流すなら、彼氏をきゅんとさせたり、「申しわけなかった」と思わせるタイミングで泣きたいもの!
そのタイミングは、喧嘩中ではなく、仲直りが出来た瞬間。
「仲直りできてよかった~」と泣くことで「コイツ俺が居ないとだめなんだ。可愛いやつめ」と彼氏をキュンキュンさせることができますよ。
涙は最後までとっておくようにしましょうね。


いかがでしたか?
今回は、彼氏が激オコ!彼氏を怒らせてしまった時の4つの対処法をお届けしました。
大きな喧嘩をしても、仲直りが出来た後には強い絆が生まれているはず。
長いお付き合いのなか喧嘩がないとお互いの気持ちの答えあわせが出来ず上手くいきません。
喧嘩はチャンス!だと考え、彼と上手に仲直りできる方法を探りましょう。

この記事を書いた人

亀パンダ
亀パンダ
人生経験豊富な恋愛ライター

元々容姿にコンプレックスがあったものの、
どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果
男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。

自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに
心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
一緒に、成長できる恋愛を目指してがんばっていきましょう!
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link