リルコノ
2018/04/17 07:04

一人暮らしの女性を守る!レオパレス21「Man on the Curtain」の防犯対策とは


こんにちは!Lilconoライターのエトウです。
高校や大学を卒業したら、女性は男性と同じように就職して社会で働くのが当たり前の時代となりました。
東京では140万人の女性が一人暮らしをしていると言われており、女性の社会進出と同時に問題となっているのは、一人暮らしの女性を狙った犯罪です。

今回は、一人暮らしの女性が安心して暮らせる防犯対策としてレオパレス21の「Man on the Curtain」をご紹介いたします。
Sponsored Link

一人暮らしの女性は犯罪者に狙われやすい

「一人暮らしの女性」というだけで犯罪に巻き込まれるケースが後を絶ちません。
しかし、犯罪者は常に犯罪を行っているわけではなく、いかに検挙されずに犯罪を成功させるのか慎重に計画してから実行します。
犯罪者は検挙されることを最も恐れるので、確実に犯罪が成功するであろう弱い立場であるイメージの「一人暮らしの女性」を狙うのです。

そのため、一人暮らしの女性はいかに「自分が一人暮らしの女性ではない」というアピールをすることで、犯罪を防ぐ防犯対策となります。

レオパレス21「Man on the Curtain」とは

一人暮らしの方向けの賃貸住宅を提供しているレオパレス21では、こうした一人暮らしの女性を狙う犯罪抑止を目的に「Man on the Curtain」を開発しました。

「Man on the Curtain」は、スマホとプロジェクターだけを使用して、動く男性のシルエットを窓に投影することで、一人暮らしの女性ではなく男性がソコで生活しているように見せることができる防犯グッツです。
「Man on the Curtain」は、犯罪心理学者である出口保行教授の「攻める防犯」に則って開発しており、犯罪者に大きなプレッシャーをかけることで犯罪を抑止する効果があると言います。

このようにシルエットが浮き上がります

一人暮らしの女性を襲う犯罪ケース

女性は男性に比べて腕力ではどうしても劣ってしまいます。
そのため、強盗や性的暴行目的などの男性の犯罪者に狙われやすい傾向があり、実際に一人暮らしの女性をターゲットとした犯罪が後を絶ちません。

例えば、帰宅して玄関の扉を開けた瞬間に犯罪者が家に押し入ってくるケース。
ゴミ出しやコンビニへの買い物など、ちょっとした外出時に施錠せず、帰宅したら家の中が荒らされていたというケース。
オートロックや防犯カメラなど、単身者向け住宅はセキュリティ面を重視した設計になっていることが多いですが、どうしても産まれてしまう“隙”や“死角”をついて犯罪者は一人暮らしの女性を襲うケースが多い傾向にあります。

犯罪を計画している犯罪者は、事前に確実に犯罪が成功するか下調べをします。
同居人が居る場合は犯罪の成功率が下がってしまうので、確実に一人暮らしの女性を犯罪者は狙いたいわけです。
そのため、一人暮らしの女性はいかに自分が一人暮らしではないというアピールを行うことで、犯罪のターゲットから外れることができます。
一人暮らしを検討している女性は、レオパレス21の「Man on the Curtain」を参考に防犯意識を高めるようにしましょう。

この記事を書いた人

エトウ
エトウ
大阪府出身。自分らしく仕事が出来るようにフリーランスライターになる。
得意ではないが、裁縫やDIYなど物作りが好き。
どこかに女性らしさを置いてきてしまった残念な人なので、リルコノで記事を書きつつ、女子力を身につけていきたいです。
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link