リルコノ
2016/05/19 07:05

ロングカーディガンをキレイに着るポイント3つ

トレンドのロングカーディガン、あなたはキレイに着こなせてますか?丈が長い分、着こなし方によってはルーズに見えてしまったり、もたついてしまったりしますよね。今回はロングカーディガンをすっきりキレイに着こなすポイントを3つお伝えします。


コーディネートに白を入れる



画像引用元:instagram

ロングカーディガンにカーキなどの少し重めの色を持ってくると色の配分のほとんどがカーキになり、重たくなりがちです。
トレンドのクリーンな白を入れて、全体が重たくならないように調節しましょう。
また、使う色を最高でも4色以内に収めるとキレイにまとまります。トップスを白にするなら、ボトムスはカーディガンとトップスの中間色くらいがキレイです。
Sponsored Link

ボリュームボトムスには明るいカラーで


画像引用元:instagram

スカンツやガウチョなどのボトムスとロングカーディガンを合わせる時には、カーディガンを明るめカラーにしてボトムスを重ためのカラーにするとバランスがとれます。
ボリュームボトムスが、ロングカーディガンのおかげで少し調和されるので、もたついて見えなくなります。

スキニージーンズと合わせる時は短めで


画像引用元:instagram

スキニージーンズと長めのロングカーディガンの組み合わせ、実はアンバランスでもたついて見えることがあります。
細身のシルエットで長すぎないヒップが隠れるくらいのカーディガンにしておくと、ボトムスとの相性が良く、全体がキレイにまとまります。

まとめ

いかがですか?ロングカーディガンをすっきり着るポイントは、色の配分を考えること、ボリュームボトムスの時には明るめカラーで調和すること、スキニーシルエットの時にはスキニーに合わせてすっきり着ることです。何を合わせるかによって印象がかなり変わって、色々なファッションが楽しめるロングカーディガン。あなたらしいコーディネートを見つけてくださいね。

この記事を書いた人

ringoriko
ringoriko
心斎橋パスタ屋店長を務めた後、アパレル業界へ転職。現在は某大手アパレルメーカー店舗で勤務。二児の母。趣味は読書。ファッション、マネジメント、仕事の効率アップ、コミュニケーションスキルなど幅広いテーマで執筆する。出身地は東京都国立市。現在は和歌山で田舎暮らし。モットーは「仕事と家庭は両立しない」

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link