リルコノ
2016/07/16 07:07

肉は美容の敵か味方か!?

meat-718246_1280 美意識の高い女性たちの間で「肉食」が見直されています。
と言っても、恋愛における「肉食女子」ではなく、牛肉や豚肉のおいしさと栄養効果が再確認されています。
これまで、肉はダイエットの妨げになったり、大腸がんを引き起こす原因になったりと、敬遠されてきました。
しかし、食卓に適度に肉を登場させることにより、肌や髪の艶が良くなり、貧血や深刻な冷え性が改善されるのです。
Sponsored Link

ニキビ・くすみは鉄不足が原因

おとなのニキビの原因は鉄不足の可能性があります。
手足は白いのに首から上がどす黒くなったり、生理前はくすむけれども、いざ月経がはじまると透明感が戻ってくる……といったケースも、慢性の鉄不足がうたがわれます。

鉄は野菜やサプリメントで吸収できない

それならば「Fe」のサプリメントで補給すれば良いのではないかと、思いますよね。
ですが錠剤をはじめ、鉄分の吸収は、とても難しいのです。量は不足していなくても、実際に体内で有効に活用できている鉄は、ごくわずかしかありません。
それに、ほうれん草やレーズンも含有量は問題ないのですが、吸収が困難ですから・・・。
 

鉄吸収に一番良いのは豚レバー

もっとも手軽に鉄分をおぎなうには、中華料理の「ニラレバ炒め」がおすすめです。
でも、毎日おなじメニューを食べ続けるのは現実的ではありませんし、あのクセの強さに、苦手意識を持っている方も少なくありません。
鉄分の多さと吸収率の高さから考えると、豚レバーが一番良いのですが、その他のの肉でもかまいません。
赤味が多く脂身が少ない部位を選ぶと、カロリーを気にせずにいただけます。

慢性冷え性の方にも

マクロビやベジタリアンの女性は、冷え性に悩んでいるケースが多いのですが、肉が好きな人は新陳代謝が良く、手足が冷たくて眠れないと言う悩みをあまり聞きません。
そして九十歳、百歳の元気な高齢者で、ステーキやしゃぶしゃぶが大好物だとおっしゃる方は、決してめずらしくないのです。

皆さんも肉を食べて、元気なおばあちゃんになりましょう。

この記事を書いた人

有朋さやか
有朋さやか
82年岡山県玉野市生まれ。同市在住。歌誌「短歌人」に出詠中。
新聞・雑誌の読者投稿を経て、2014年から、ライターとして活動開始。 
短歌実作の話をすると、某読者様に「与謝野晶子みたい」と言われました。しかし、作品ではなく、外見のことだ判明して撃沈。以来、自称ニューハーフ顔だと信じこみ、たくましい髪質と骨格を、カバーしながらも、生かす美容と、ファンションを研究中です。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link