リルコノ
2016/06/26 07:06

セフレを脱却し彼を本当の恋人にするまでの4つのステップ

gahag-0031872824-1
女性にとって男性に体だけの関係を求められるのは悲しい物があります。
でも、その相手が自分の好きな人だったらどうでしょうか?
関係を断ったら接点がなくなると思えば、背に腹は変えられないと行動を起こす女性もいるかもしれません。
単なる遊び相手、言葉が悪ければ「セフレ」状態であっても、上手に続ければ恋人に昇格できるチャンスはいくらでもあります。
今回は、セフレを脱却し彼を本当の恋人にするまでの4つのステップをお届けします。


ステップ1:相手の好みの女性になる

これは基本中の基本ですね。
男性は、セックスができる女性の許容範囲は広いものの、実際付き合いたいと思う女性の好みは本当に幅が狭い人が多いです。
いくら「可愛いよ」「セクシーだ」と褒められても、彼にとっては恋人以下の存在に代わりはありません。
今の関係を断ち切って、恋人に進展したいのなら相手のまるきり好みになるくらいの勢い多ないとダメ。
短い髪が好きなのであれば、思い切ってばっさり髪を切るのも1つの手かも。
実はセフレに本音を話す男性が多いので、日ごろから好みの女性についてどんどん質問をしてみながらリサーチを続けましょう。


ステップ2:セックスを焦らす

会ったらセックスできると思われていては、セフレの関係をいつまでも脱却する事はできません。
でも断ったら関係を切られるかも・・・とびくびく怯える必要はありません。
基本的に男性はすべて犬だと思いましょう。
ナゼ犬なのか。それは「ご褒美を貰う事で喜びを感じる生き物」それが男性だからです。
毎回会えばセックスできるという状態にすると、ありがたみも何にも感じることがなくどんどん飽きられ最終的には捨てられます。
それを避けるためにも、「ご飯食べさせてくれたらね」とか「○○にデート連れて行ってくれたらね」とちょっぴり恋人っぽい事をせがみます。
それをクリアしてくれたら、「ありがとうとってもうれしかった」とご褒美に自分を上げるわけです。
これをしていくうちに男性はその女性に少しずつ惹かれていくのだとか。


ステップ3:1人の人間として向き合ってみる

セフレの状況になると、どうしてもそういう関係だけになってしまうのでお互いの深いことまで話をしない人もいるかもしれません。
でも、それではいつまでたっても友達以下の関係でストップですよね。
恋人になりたいのなら、まずは友達の地位まで上りつめなければなりません。
相手の人間関係や、仕事の事などを真面目に話し合ったり、自分の悩みや弱みを打ち明けて相談に乗ってもらったりするのも効果的。
実は恋愛心理学には、マイナスを引き出す事で親近感を得られる効果というのが実証されています。
好きな音楽や好きな食べ物を聴くより、嫌いな事や嫌いな食べ物を聞いたほうが自分の本心をさらけ出したような気がして、話を聞いてくれた相手を大切にしたくなるのだとか。
テクニックを駆使しながら相手と距離を少しずつ詰めていきましょう。



ステップ4:言わなきゃわからん自分の気持ち

男性の殆どは女性よりも気持ちに鈍感です。
セックスだけの相手を続けていると、「お前もその関係で満足しているから続けている」と勝手にいい風に取られてしまいます。
女性は「察する」という事が得意ですが、男性はそれができないんですよね。
ですから、少しずつ距離を詰めた後相手が自分に少しでも感心を持ってくれたと感じた時に正直な気持ちを打ち明けてみるのも大切な事です。
「本当は恋人になりたいと思ってる」と打ち明ければ悪い気持ちになる人は少ないでしょう。
彼に恋人が居る場合は難しいですが、フリーの場合は意外にも「じゃ、付き合ってみるか」なんて簡単にOKがもらえる事もあるんですよ!
Sponsored Link


いかがでしたか?
今回は、セフレを脱却し彼を本当の恋人にするまでの4つのステップをお届けしました。
セフレのままの関係で満足している女性はそれほど多くは無いと聞きます。
女性はちゃんと1人に愛されたいと思っている人が多く、セフレを抜け出したい人も沢山いるのでしょう。
焦らずに、上手に少しずつ彼との距離を詰めていく事が恋人になるためには重要です。
辛い関係に終止符を打ちステキな恋に発展すると良いですね!

この記事を書いた人

亀パンダ
亀パンダ
人生経験豊富な恋愛ライター

元々容姿にコンプレックスがあったものの、
どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果
男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。

自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに
心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
一緒に、成長できる恋愛を目指してがんばっていきましょう!
Sponsored Link

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link