リルコノ
2017/01/21 07:01

肌色を良く見せる♡コントロールカラーの使い方

publicdomainq-0003204rgy

メイクをする上で、メイク下地やコンシーラーでシミやそばかすをカバーすることって多いと思います。
ちょっと寝不足で目の下のクマがいつものコンシーラーではカバーしきれないとか、なんだかお肌の色がくすんで見えるといった悩みはありませんか。

コントロールカラーで悩み解決

実はお肌のくすみやクマ、赤みは、いつもの化粧下地にコントロールカラーをプラスするだけで綺麗にカバーして、お肌を美しく見せてくれるんですよ。
ある程度メイク慣れをしてしまうと、なかなかゆっくりとコスメカウンターでカウンセリングを受けながらコスメを選ぶということが減ってしまいがちです。
お気に入りのコスメばかり使ってしまっているかもしれませんが、お肌を美しく見せるためにコントロールカラーの使い方をマスターしてみませんか。
Sponsored Link

どういうときに何色を使うの?

・血色を良くみせたいとき
血色を良く見せたいというときに使いたいカラーは、ピンクです。
淡いピンクを使うことで、柔らかい印象になるとともにとても自然な血色感を出すことができます。
色白の肌の人が使うと特にふんわりとした自然な血色感を演出できます。


・健康的な肌に魅せたいとき
一般的に使いやすいカラーのイエローは、肌になじみやすいカラーで、肌色の濁りや沈みといった色ムラをきれいにカバーして肌を全体的に健康的に見せてくれます。
日本人に多いイエローベースの肌の人にとって馴染むカラーなので、使い易いのが特徴です。明るめのコンシーラーにも多いカラーです。


・赤みが気になるとき
赤ら顔の人におすすめなのが、グリーンです。
赤みが気になるところだけにワンポイントとして使う使い方で、赤みを自然にカバーしてくれます。
全体的につけずに、気になるところだけという部分使いをするように使うのがポイントです。


・肌のくすみが気になるとき
くすみ感をより感じるときやクマが気になるときに使いたいのがオレンジです。
影色になってしまうようなくすみ消しにぴったりのカラーです。
ただ、もともと肌が白い人には少し浮いたように見えることもあるので、かなり色白の人は、ハイライターと組み合わせて光で飛ばしたほうがくすみをカバーできる場合もあります。
オレンジは、茶ぐすみなどダーク系のくすみが気になる人におすすめです。


・透明感を出したいとき
肌に透明感を出したいという場合や黄ぐすみが気になる人にぴったりなのがパープルです。
パープルは透明感を出すという特徴があるので、デイリー使いしてもいいのですが、その日の気分に合わせて使うというのもおすすめです。


コントロールカラーを上手に使って美肌メイクを楽しもう

いかがでしたか。コントロールカラーを使い分けることによって肌の色補正を行うことができるため、お肌の仕上がりをより美しく演出することができます。
ぜひ、肌の悩みやコンディションに合わせて、コントロールカラーを使い分けて、美肌メイクを楽しんでみてくださいね。

この記事を書いた人

sana
sana
元ファッションアドバイザー。コスメも大好きで、WEBメディアで美容モニターとしても活躍中の福岡出身のフリーライター。ライターとしてローカルテレビ取材を受けたことも。美容の基本はバランスの良い食生活と正しいスキンケアをモットーに美容やファッションについて綴っていきたいと思っています。

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link